カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ


最新記事


最新コメント


全記事表示リンク


ブログ内検索


月別アーカイブ


できの悪い社長ほど社員が多い

山崎です。

できの悪い社長ほど社員が多い。
自分が出来ないことや、自分のキャパ超えしたことなど
自分の不出来を認めた数だけ社員が増える。

そして社員が増えれば社長ひとり以上の仕事が出来るようになる。
仕事を増やしたかったり、会社を大きくしたければ、
自分の出来ないことを認めてしまうことなのだと思った。

意外に知られていない事実

山崎です。

今や茨城の取手の地から全国にインテリアをお届けしているブームスも、わずか12年前の開店当初は田んぼの真ん中の、スーパーの隣の、100円ショップの2階の売り場・・・・が始まりでした。

同業者の多くが必ず失敗すると言い切る中、目的を持ったお客様を集めるお店のスタイルに徹底的に特化し、今なおその地で営み続けています。

意外に知られていないのがこのブームス、実は前身に創業から100年以上続いた「山崎家具店」があったこと。

土地に根付いた商いの力強さは長い歴史から来るものなのかもしれませんね。

12227036_920050928102964_6960501822674178550_n.jpg


12366159_920050958102961_3075291103247882300_o.jpg



性格の容姿、心の容姿。

山崎です。

人と比べるにってとてもナンセンスだなといつも思います。
一本とて全く同じ枝振りの木が無いように、その様を比べ
優劣をつけるのって、人間らしい発想だなと思います。

見た目の容姿のように、心や性格にも容姿があると思います。
自分の容姿を自分で知らないと、自分をより美しく見せる
術がわかるはずがありません。

行いや思考、性格まで人と比較したり
人に「それ違うんじゃない」と言われて自虐したるするのは
まだ自分の性格の容姿、心の容姿が見えていないのだと思います。

自己否定せず、こうでなくちゃならないという固定概念を持たず、
嬉しいなら嬉しいまま、悲しいなら悲しいまま、
辛いなら辛いままのありのままの自分を認めてしまえば
おのずと自分の容姿は見えてくると思います。

まずは他人との比較はやめて
内面を高めていきたいと常に思考しています。


山崎

人に関心、人に無関心

山崎です。

以前、西新宿のワシントンホテルに泊まった時のこと。
茨城へ帰るために、朝の通勤時間帯に高層ビル群から
新宿駅へと地下ダンジョンのような長い距離を歩いた。

正面からは台風後の川の流れのように人人人人が
全く途切れること無く、太く延々とこちらに向かって歩いてくる。
さすが新宿、なんて人の多さだろう。

駅につくと改札はまるでダムの放水。
一旦離れ、息を整え(人多すぎて苦しかった)
意を決してダムの放水の中へ飛び込む。

改札の中は更に複雑。
ひと5人分くらいの急流が、右から、左から、右斜めから、
後ろから、もうあちこちから急流や岩が押し寄せる。

単独小舟の自分は左斜め前の「池袋・田端・上野方面」と
書いてある穴に落ちたいのだが、流れに巻き込まれて
前に進むことも出来ない。

全く流れが切れずにエンドレスにその
大蛇のような急流はうねうねと続く。

意を決して、手を右左に振りながら大きな声で
「どいてどいてどてどいてどいてどいて」と歩き出したら、
その無数の無表情の顔が流れてくる恐怖の流れが割れた。
歩く先の流れが切れ、自分は「池袋・田端・上野方面」の
穴に無事に落ちることが出来た。

久々に人が人に感じなかった時間。

人の多い都市部ほど、
人に無関心でなければ生きて行けず、
人の少ない地方ほど、
人に関心を持たないと行きていけないんだな

ガラガラ(1両貸し切り)の下りの常磐線の中で
そんな風に考えた朝でした。

IMG_2848.jpg

山崎

感性の練習

山崎です。

新人スタッフ全員が毎日店内写真を撮って、
社内LINEにアップするルールがあるのですが、
毎日アップされた他スタッフの投稿写真見て、
毎日創意工夫し写真を撮りアップしてると、
みんなの物の見方が変わって来るのが
手に取るようにわかってきます。

個人個人の物の見方も把握できるので、
長所短所もどことなくわかってきます。

小さい事ですがこうした日々の感性磨きの練習が、
日々店という本番に追われているだけのスタッフとは
差が生まれるのではと僕も思います。

新人スタッフさんからは気付かされることばかりです。

11167693_788376497945487_556149851826190347_o.jpg

11750680_788376551278815_3387064928867369012_n.jpg

14855.jpg

14738.jpg

S__4284488.jpg

S__4055063.jpg

S__3940408.jpg




7月は在庫一掃セール!!

山崎です。

決算間近、あの嫌な棚卸しが近づいてきました。
ブームスの品数は半端じゃありません。
しかもアナログな手法ですのでこりゃ大変です。

そんな苦労を少しでも軽減すべく・・・・
そんな邪心をおもいっきり前に出したセール
「夏の在庫一掃セール」を開催致します。

プレステン2015_0718つくば・もりやとりで


店内を常にフレッシュな状態に保つため、
少しばかり店内に滞留しちゃってる商品、
また過剰在庫の商品を思い切って換金しちゃいます。
中には売るだけ損という原価割れ商品も・・・・

この機会に是非!!!!

明日から家具も雑貨もアウトレットセール!


プレステン2015_0620

明日27日土曜日から全店で
アウトレットセール開催致します。

この日の為に用意した商品や
店内在庫処分品などなどが盛りだくさん。
お買い求めしやすい雑貨のセール品も
数多く取り揃えておりますので、
お気軽にご来店下さい!!

お待ちいたしております。


性格の悪い人。

山崎です。

性格の悪い人ってこの世の中にはいないと思うんです。
基本、人の心は皆良い人だと思っています。
心から出たモノが脳という思考回路を通って言動に変わる。
その思考回路が凝り固まっていたり偏っていたりすると
おなしな言動に変わってしまいます。
それが性格が悪いって評されてしまうのではないかと思っています。

世の常識を重んじる人、しきたりや制約を重んじる人ほど
思考回路に固執が多く、心に反した事を選択してしまいがち。
では、世の常識やしきたりや制約を重んじる人は悪い人でしょうか?
いやいや純粋で真っ直ぐで素晴らしい心の持ち主だと思います。

性格が悪いからでその人を切り捨てること無く、
思考回路の凝りや絡みを解きほぐすお手伝いをして上げる気持ちでその人と向い合いましょう。

理想はあたま空っぽ、純粋な心のままの行動だと
みな良い人ばかりだと思っています。

性格の悪い人なんていません、
思考が硬いだけなんですよきっと。
僕はそう思っています。

専門店をも超えたかも?・・・

山崎です。

インテリアグリーン、とても流行してるようです。
流行に敏感な洒落たインテリアショップはもちろん、
ショッピングセンター内のちょっとした雑貨屋さんでも
最近は活きたグリーンを見るようになりました。

10996626_746349728814831_9098366072542205345_n.jpg

ブームスでは数年前よりいち早く
インテリアグリーンの提案を行っております。

11148759_746349745481496_4734108439238592025_n.jpg

当店の強みは市場から直接買い付けている事、
それに加え長年生花に携わってきた専門スタッフが
店舗に常駐しておりますので、ご相談に応じられます。
直接買い付けで、種類や数はもちろん他店に比べて
価格の面でも大いに満足頂けると思います。

是非!一度ご覧になってみてください。
大型のものは配送もお引き受けいたしております。

11150417_746349618814842_921695816244981767_n.jpg

11159541_746349652148172_1034920097663648811_n.jpg

11188320_746349688814835_3420222580980524423_n.jpg

10848012_746349705481500_8831858439237435825_n.jpg

10297560_746349775481493_8530448298830073635_n.jpg

どんぺい


「山崎さんって優しいのね」

訪れた宅、自分に向かって吠えた犬の仕事っぷりを
褒めて抱いて撫でてた時にそう言われた。
俺は別に優しくなんか無いと思ってる。
後悔が俺を優しくさせてるんじゃないかと思った。


小学生だった弟が親戚から犬を貰ってきた。
柴犬が入った雑種でムクムクして黒かった。
人気TV番組から名前は「どんぺい」にした。

玄関の横の塀の脇の狭い空間に、
鎖に繋いで飼われていた。
餌は基本あまり物、主食はみそ汁ぶっかけごはんだった。
喜んでごはんを食べていた。

小学生の弟は世話をしなかった。
小学生だった俺も世話をしなかった。
親父は気が向くと散歩に連れて出た。
俺も気が向くと散歩に連れて出た。
嬉しいのかグイグイ人を引っ張る勢いで散歩した。
土手で放すといつも走り回った。
離れれば走って追ってきた、
離れれば走って追ってきた。

中学生になると気が向く回数が少なくなった。
近づくと喜んで足にしがみついてきた。
それが少し嫌に感じた。

玄関の横の塀の脇の狭い空間から、
道挟んだ向かい側の店の横の隙間に
居場所は移動し、店の番犬になった。

高学生になると気が向く回数がもっと少なくなった。
気が向いた親父がたまに散歩に連れてった。
それでも気になると散歩に連れてった。
たまの散歩、嬉しいのかグイグイ人を引っ張る勢いで散歩した。
土手で放すといつも走り回った。
離れれば走って追ってきた、
離れれば走って追ってきた。
戻れば店の横の隙間で店の番犬、
主食はみそ汁ごはんだった。

社会人になったある日、
昨日まで普通だったどんぺいがふらふらとした。
心配になり鎖を外し散歩に行こうかと誘った。
ふらふらになりながら一所懸命に歩いていた。
引っ張られない散歩は初めてだった。

翌朝どんぺいは死んでいた。
大きな身体を毛布にくるんで土手に運んで埋めた。

後悔した。
ウチに飼われて幸せだったのか凄く考えた。
狭いところに繋がれて、見てる景色はいつも一緒。
食事はぶっかけごはんに余りのおかず。
たまの散歩はいつもの土手。

後悔した。
取り返しがつかなくなると
後悔をしだした。

後悔は人を優しくするのかもしれない。
後悔は人に強い決心を与えてくれるかもしれない。

今は強い意志で後悔する道を選択するのも
自分の生き方の中にはあります。

今でもどんぺいを思い出すと後悔で涙が出ます。
今はその分、目の前の動物には優しく出来ます。

あまりいい話じゃないですね。



««BACK  | BLOG TOP |  NEXT»»