カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ


最新記事


最新コメント


全記事表示リンク


ブログ内検索


月別アーカイブ


井戸は出るまで掘り下げろ。

山崎です。

先日のブログ「何をもって仕事をデキタと言うか。」
の内容が「らしくない」とのご意見を頂き、
真意が伝えきれなかったとの思いからの追記です。

売上至上主義を言いたかったわけではないのです。
決して押し売りなどしてはいけないし、
他意のないサービス、施しも必要です。

私達モノ売りが出来る何が
一番の顧客満足かと考えれば、それは
私達が提供させて頂いたモノで、
お客さまの豊かな時間の構築の
お手伝いが出来る事では無いでしょうか。

先日、お客様からこんな言葉を頂きました。

「このお店に来て、
 何かを手にして帰れると
 とても得した気分になるの。

 何も手にできずに帰ると、
 とても損した気分になるの」

どんなに親切丁寧でサービスを施そうが、
私達の職務である「豊かになれる物をお渡しする」
事が出来ていなければ、職務を全うしたと
言えないのではないかと考えたのです。

お客様の「楽しかった」「また来ます」の
言葉を頂いただけで慢心をしてしまって、
本来の職務を忘れてしまってる気がしたのです。

井戸は水が出て初めて井戸。
水が出ないうちは、誰も豊かにはしない。
「ここまで掘った」と自己満足し、
水が出ぬままで終えてしまい、
タダの穴ぼこだけをそこら中に作ってはいないだろうか?

水が出るまで穴を掘り下げろ。
水が出て初めて多くの人を豊かにできる。

同郷の先人の深いお言葉です。



山崎

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://boomstaff.blog75.fc2.com/tb.php/952-eb9831f5

 | BLOG TOP |