カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ


最新記事


最新コメント


全記事表示リンク


ブログ内検索


月別アーカイブ


気がついたら終わってました厄っくん。

はみだし者です。

気がついたら終わってました「厄っくん」

厄の前は周囲の人たちに、
知人が死んだだ、事故っただ、大病だと、
不吉な話で散々っぱら脅かされたけど、
結局、厄払いを受けに行くことはなかった。

お払いや誰かに祈祷されることで、
自分の何かが変わるなんて、あまり信じられなかった。
本質は自身の「意識」の問題だと思ってた。

厄をちょっと意識して行ったのは、
新店の立ち上げと、誰か・何かのための散財(笑)

自分の中に「経験値」以外は溜め込もうと
しませんでした(宵越しの金は持たねえぞレベル)

だから気が惹かれた誘いには、尻軽にひょいひょい
付いて行って、いろんな体験を積みました。
それが「失敗」か「成功」かなんて事は考えず。


会社にある「神棚」兼「仏壇」に
毎日手を合わせています。
方角なんか気にせず、みんなが日常的に通る
ここがいいなっていう場所にあります。
そこはバックヤードの入り口の上(笑)

みーんな毎日「神棚」兼「仏壇」の下を潜ってます。
神棚の下を潜るなんて!!!って言う方も
いらっしゃるでしょう。
神棚の下を潜ってはいけないって
神様が仰った事でしょうか?・・・いいえ人様です。

祈りは誰もが自分の内側に持っている
純粋無垢な神的な部分に「誓う」もの、
そして周囲の全ての環境に「感謝」するもの。
そう考えています。

祈祷やお払いの儀式の力をお借りしてでも、
自身のこの先の生き方に気づかれる事を願います。
(社会に対しての役割が変わる節目ですね)

「厄」もまた試され事です。


自分にとっての厄がどうだったかなんて、
正しくは死んだ後じゃなきゃわからないよね、
きっと。


また書きすぎた
はみだし者


コメント

信心せず生きてきた俺ですが
リブズ立ち上げの年
俺自身が「大殺界」と言われたことがあります。

3年待ちっ!と言われましたが
なんとかその3年を商売しながら過ごすことができました。
逆に3年で一流の店にしたるゎ!と思ってましたが
まだまだ3流です。。。

リブズコアは諸事情があって上棟式もできていません。
店も人も こんなもんです。 デヘヘ

社会に対しての役割が変わる節目。

いやいや、マジでそうだと思います。

でも、俺自身のこの先の生き方なんて
今はまだようわからんけど・・・。

節目。そうですね。
僕も20年家具屋やってきて、この歳になっても
まだはじまってない気がするもんね。
スタート地点はどこ。なんて。

>おいやん 様

そう謙遜しなさんなって。
自分の仕事に自惚れられないなんて
アムロらしくないわ、男でしょ!

> ボスキャラ 様

>でも、俺自身のこの先の生き方なんて
>今はまだようわからんけど・・・。

エロスに生きる、走れエロス。

> テル。 様

節目に共感いただき嬉しいです。

スタート地点すか?
辞めたときにわかるんですかね?(笑)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://boomstaff.blog75.fc2.com/tb.php/825-9600d988

 | BLOG TOP |