新たなる指標

Categoryはみだし者日記
はみだし者です。

毎日「スピードを最優先した変化」を
心がけている今年ですが、決断は早くとも
腰が重くて、手が遅くてどうしようもない
俺に改善の余地ありです。
変なところでは手が早いのに

昨日のブログ。

受け取り間違いの無いように加筆しておきます。
決して、経済的に豊かになるなと
申してるのではありません。

「豊かになる」には、もちろん
経済的なことも含まれます。
経済的に豊かになってはじめて
見えるもの、気づくものがあるのは
間違いの無い事です。
(気づきの内容は人それぞれですが)

言いたかったのは、
「豊かさ」を示す指標が、いまだ
昔のものさしを使っているのではないか、
心と経済と文化と精神の新しい尺度で、
「豊かさ」を追っていくべきだと。

適切かどうか疑問ですが、ふと思い出した。

昔はよく家具屋のチラシに
「買って下さい!お願いします!」
なんていう悲壮感たっぷりに激安をうたう
チラシがあった。
それ以外にも、手書きの文字だけで
定価○○○.○○○円→80%引 ○○.○○○円とか、
モノの姿も見せず、ほぼ嘘の割引率だけで
激安をうたう有名なチラシもあった。
これもキズ物販売で、悲壮感たっぷりだった。

二重価格、三重価格は嘘(だと思う)
嘘の負のオーラをまとったものが、
悲壮感で投げ打った(小芝居)の
負のオーラをまとったものが、
人を幸せにすることが出来るか甚だ疑問。

成功しているアウトレット店。
チラシに悲壮感が無く真に安い。
(というか、バイイングが上手で、
買い得感のある安いものを集めている)

悲壮感の無い所が重要。
単に「安く」買うことが「お得」では無い。
本当に安く買うことが、その人にとって
お得なのだろうか?

「お得」という言い方、こんな曖昧なものはない。
何をもって、お客にお得なのか明確じゃない。

これからは「お得」を提供するのではなく、
「豊か」を提供する時代だ。
これを事業に結び付けて行くべきだと思う。

心と経済と文化と精神の新しい尺度で、
「豊かさ」を追っていくべきだと。


まずは、己が豊かさに気づき、
豊かさとは何か知る事が大切ですね。
気付いて、築く。


皆さん既に気付かれてる事、
今更、書く内容じゃなかったけど
書きたかったから書いた。

クソして寝ます。


アイコン評判よし
はみだし者
はみだし者

2 Comments

同窓会と無縁の男  

そっくりで正直笑ってしまいました。

社長のそういう行動の速さ 大好きですe-415
(年末のハミチャンも)

2011/02/22 (Tue) 14:14 | REPLY |   

はみだし者  

> 同窓会と無縁の男 様

小さくて早くて切れる笑いが好きです。

2011/02/22 (Tue) 23:38 | REPLY |   

Post a comment