希望と要求。

Categoryはみだし者日記
はみだし者です。

工場の老板(社長)から従業員から
久々の再会でした。

私がお付き合いさせて頂いている工場は、
日本でも超有名な量販店の品を製造しているし、
かたや同じ工場で日本でも超有名な
インテリアショップの品をも製造しています。

こういう工場は沢山あります。
え!あそことあそこが、元を正せば同じ工場!?
と、ユーザーさんは驚くかもしれません。


さて、そんな工場の一つ。
最もウチとパイプの太いところの話。
ここも工場と会社を2箇所に増やして躍進中。

俺が
「御社の品物は、大変お客さんに喜んでもらっている。
 喜びの数だけ、私も成長する事が出来た、
 本当に感謝しています。
 私は、その私達とお客さんの感謝を述べに
 ここへ来ました。」

すると老板は
「それは本当に良かった、私達もこのように成長できた。
 私が望むのは、共に歩み成長する事。
 あなたの会社の成長が、我が身のように嬉しい」

この言葉が聴けて、本当に嬉しかった。
俺は数を買うわけではないのに、細かい事にも
親切に対応してくれる、申し訳無いくらいだ。

ただ、こんな言葉も聴いた。

「私達がこれからも望むのは品質と信頼、
 しかし最近の多くの日本のカスタマーは
 最初から安さを求めてくる。
 安さを先に追えば、品質は下がるのは当然の事。
 私達が望む事と、カスタマーが望む事の違いで
 思うように成長が出来ない事がある」

この話は「工場×バイヤー」の話だけど、
ふと頭の中で「小売店×消費者」の図式に
置き換えてみても納得できた。

先ず「安さ」ありきでは無い気が大いにする。
先ずは「品質・信頼」ありきで商品を作り、
そこからいかに創意工夫を加えて、価格だけではない
「安い」ものにして行くかが大事だと思う。


「私が望むのは、共に歩み成長する事」

この言葉が胸に響いた。



はみだし者

0 Comments

Post a comment