fc2ブログ

店内改装の提案の仕方2 (地味作業フォトショ編)

Categoryはみだし者日記
山崎です。

ブームスでは店舗などの改装プランの提案をしています。
ブームスは設計会社じゃないし工事業者でも無いので、基本的には家具を導入いただくことを前提に、それに合った内装プランの提案をしています。

その提案の仕方が、場合によってはとっても地味なフォトショップ作業が伴い、
しかし元が実際のリアル店舗の画像なので、かなり実際のイメージには近くなります。

3Dソフトでパース起こせばいいのでしょうが、山崎は頑なにデジタルツール使ってのアナログ作業ばかりしています(笑)

今回は前回に引き続き、去年改装のお手伝いをさせて頂いたタイはバンコクのトンロー地区にあります「バンコク暖龍トンロー店」のファサード提案をご覧いただきます。

先ずはこの画像が改装前の実際の写真です。

バンコク暖龍ファサード000_s

写真撮ってる自分が写り込んでいますね(笑)素敵です。
ガラスにも今回の改装には不要なポスターなどの掲示物が沢山貼ってあったり
店内の掲示物などが写り込んだりしてしまって、かなり目にはうるさい感じです。

さて、フォトショップを駆使してのデジアナ作業(デジタルなのにアナログな地味作業)を行って、
改装する前の不要なものを、いつものように消していきますよ。

※前にも言いましたが消すというよりは、不要なものの上から描いていくというのが事実です。
画像ですので消すことは出来ません、想像力を駆使して不要なものの上から無かったらこうだろう・・・の姿を描いていきます。

画像のゆがみを取り、ガラス面のポスターを消した感じがこれです。

バンコク暖龍ファサード001_s

エントランスの床も張り替えてますね、バスの後部も見えました。
右ガラス面の消しが中途半端で終わっていますが、この後ここにレンガを積むのでどうせ見えなくなってしまうので中途半端のままです。

バンコク暖龍ファサード002_s

重要なのはレンガの立体感(横の厚みもしっかり描く)と光と影です。
今回は真上にスポットライトがあるので、その部分をしっかりと光らせています。

画像なので、実はこのレンガの絵を一番上から貼ってるのですが、柵やテーブルの奥にあるように見えます。
はい、そうです。柵やテーブルの部分を切り抜いているのです。これまた細かい作業なんです。
(一度画像を半透明にして下の絵を見ながら切り抜いて透明度を元に戻す)

入口の上も新しい店の看板になりましたね。
柱も墨色になって「医食同源」の文字が付いてグッと雰囲気上がりました。

さて、ぱっと見でここが中華料理屋とわからないといけませんので、
右側の窓にそのようなサインを施してみましょう。

バンコク暖龍ファサード003_s

お店の人気商品「担々麺」をドーーーーんと大きく。
あ~~これでここで何が食べられるのか、どの国の人でも字が読めなくてもわかりますね。

では次のパターン。

バンコク暖龍ファサード004_s

ラーメンだけでなく、色々な中華料理が食べられるってこれも良いですね。
幅広いお客さまに入店して頂けそうです。元々北海道をチェーン展開している「暖龍」さんらしい雰囲気が良く出ています。
腹減ってきました。

こんな感じに色々提案しています。
何かご相談があれば、自分に申し付けて下さい。
お仕事の大小は問わず個人宅でさえ行う事もありますので。

他のお仕事は一部ブームスのホームページでもご覧いただけます。
「ブームスがある室内空間」


今回ご紹介した店
暖龍 バンコク店
住所 Sukhumvit Soi 55(Tonglor)
アクセス BTSトンロー駅徒歩3分 ソイトンロー沿い。赤バス(トンローバス)停車場前
TEL 02-051-6033
営業時間 年中無休 11:00~23:00(ラストオーダー22:30)

個性派家具専門店ブームス(取手店)
〒300-1512 茨城県取手市藤代973
TEL 0297-85-5888
営業時間 10:30~19:00
定休日 毎週水曜日
ブームス公式ホームページ


友だち追加