店としてのこだわりは後、お客様の豊かさが先

Categoryはみだし者日記
山崎です。

仕事の着地点を変える事で、もっともっと仕事は豊かになる!
という話を前回のブログでしました。

自分はブームスのスタッフにこう話しています。
わかりやすく箇条書きで書いていきます。

・お客様の言う欲しい家具は、本当にお客様を豊かにするか疑いましょう。
・お客様の買って良かったより、使って良かったを優先し提案する。
・高価な品が豊かなものでは無く、お客様のお役に立つ品が豊かな品。
・時間の永い短いは関係なく、必要とする期間役立つ品が豊かな品。
・真の評価は、使い終りその品を手放した時の評価が真の評価。

今どき「お客様の気に入ったものが売れて良かった」を、
着地点にしてる商売人は少ないと思います。
自分も他の多くの人と同じように、商売の着地点は

「お譲りした品でお客様の人生をより豊かにする」

その為に、自分の品に対するこだわりは一度捨て、
しっかりお客様が何を求めてるかを聞き出し、深く理解し
その上で自分のプロとしての「こだわり」をほんの少し風味付けしたものが
ブームスが提供するお客様の人生を豊かにする一品なのかなと思っています。

「店としてのこだわりは後、お客様の豊かさが先」

ブームスの家具を買った人、全てが幸せな家庭を築き
幸せな人生を送って貰えるよう願い努めています。

その想いが表現できるような店作りをしていきたいです。
これからも宜しくお願いいたします。

875438.jpg