天上天下唯我独尊の会

Category未分類
山崎です。

先日、家具業界の若手?不良3人が、
お前ら悪目立ちしてんだよ・・・って事で、
不良の先輩と、生徒会長に呼び出しを食らいました。

不良先輩に「天上天下唯我独尊の会」と名付けられた
その集まりは、嘘も偽りも腹裏もない言葉が交わされ
笑いあり涙ありで久々肩の力が抜けた時間でした。

で、「天上天下唯我独尊」
何となくの意味じゃなくて、キチンとした
意味を知らないとなということで一応調べました。



参照
「天上天下唯我独尊の意味を誤解していませんか?」
しばしば誤解して使われることがあります。「この世で一番尊いのは自分である。なぜなら自分という存在はこの世に一人しかいないからである。」という拡大解釈から「自己中心」とか「傍若無人」と同じ意味で使われることがあります。



全くと言ってよいほど意味が違うんですね。



参照
「天上天下唯我独尊の意味を誤解していませんか?」
「自分という存在は誰にも変わることのできない人間として、生まれており、この命のまま尊い。」ということが本来の意味です。現実の世界に置き換えると、人間の命の尊さは、能力、学歴、地位、名誉、財産などの有無を超えて、そのままで尊い「自分」を見だすことの大切さを教えている言葉なのです。世の中は、とかく何事にも優劣をつけ他人と比較して優越感に浸ったり、劣等感に陥ってしまいがちです。しかし、この言葉の真意を知れば、この世に唯一無二のかけがえのない自分という存在がオンリ-ワンだということに目覚めれば、他人と比較して傷つく必要など全くないものであると同時に、他人より優れたものがあったからといって、おごり高ぶるものではない、ということに気づくはずです。



今回を機にあらためて「天上天下唯我独尊」の意味を、このサイトのこの文を読んで正しく理解することが出来て、この会に呼んでもらって本当に良かったなぁと心から思いました。

自分が心が弱いことを知っています。
知人友人の商売や、ましてやライバルと思ってる商売など、あんなことしていいなぁ、こんなことしていいなぁ、俺もあんなことやってみたいなぁ、と人と比べてばかり。
他店の売上聞いて「なんだ」と思ったり「クソッ」って思ったり、都会を羨ましがったり、自分より田舎に対し優越感を持ったり、いつも人と比較して自分や他人の優劣を判断してた。

それも全て内心で。

妬んだり、羨ましがったりしてもそんな素振りも見せず、その妬みや羨ましがりの感情を勝手に「負けん気」などと良いふうに変換して解釈。
誰かを批判し、誰かを認め、己の未熟さにも気づかず、常に何かに対し意見し持論を押し付ける。
これこそおごり高ぶりじゃないだろうか。

「天上天下唯我独尊」
この歳になってやっと本質を知れたような気がします。
その瞬間、今まで気に入らなかったものが輝かしく見えたり、自分が選ぶべき道が黄金に輝いて見えたり、
心のぶれが無くなったような気がします。

だからといって今のままで慢心しません。
常に努力し自分を磨き高みを目指す。
なぜならこの言葉は能力や学歴や地位、名誉、財産を否定する言葉では無く、その有無を超えた所でそのままで尊い「自分」を見だすことの大切さを教えている言葉。
だからこそこれからは正しい判断で能力も学歴も地位、名誉、財産も見れるような気がします。

凄いですね、たったひとつの自分の心の持ちようで
世界がまるで変わって見えてしまうなんて。
今更なんだかな!!って思ってしまいますよ(笑)
ありがとうございます。




山崎

0 Comments

Post a comment