意志のある仕入れ、意志のある展示。

Categoryブームスの生き様
山崎です。

これから選ばれる店と、これから選ばれない店は
ひと目で分かります。

店内の商品構成に店の「意志」が感じられるかどうか。
意志の表現は仕入れと展示です。

MD表を作成して価格帯の隙間を埋めていくような
そんな仕入れは今の時代違う気がします。
それは買い付けという作業であって、
仕入れという意志表現ではありません。

陳列もそうです。
巷で売れているであろうメーカーやブランドのアイテムをそのブランドごとに区分けした空間にまとめて陳列。
まるでメーカーやブランドの区画売り場みたい。
そのブランドが目的なら、目当てのモノさえ置いてあれば、別にその店で買わなくても良いんじゃないか、
何処で買っても同じじゃないかと思ってしまうような展示は本当によく見かけます。。

この品が買いたいではなく、
この店で買いたいと思ってもらえる価値づくりに
時間も労力もお金もかけるべきだと思います。

仕入れにだけ重きをおいて
店作りを軽視してるお店は今後厳しいと思います。

お店を意志の表現の場に。

0 Comments

Post a comment