きっと勇気がないだけ。

Category未分類
山崎です。

最近目にすることが多いです。
店内の雑貨品が壊れたままそっと展示されている事が。

もちろん壊れたものは展示しません。
お客様がうっかり壊してしまい、それを
何もなかったようにそっと展示に戻すのです。

わざと壊す人なんて居ないのですし、
展示の仕方などコチラにも過失があるかも知れないので、
壊したことを正直に申し出てくれればとがめどころか、
コチラが不備を謝るくらいなのに、
申し出られない弱い心に対してはとがめます。

弁償を恐れてでしょうか?
その方は「お金>良心」なのでしょう。

びっくりして勇気を失ったのでしょうか?
その方はとても可愛そう。
いずれにしても何より貧しいと思います。

そういう心貧しい人を二度と生まないように
コチラも展示の仕方など十分配慮したいと思います。

基本、悪質や故意でない場合は破損品はお代を頂きませんが、
お客様によっては
「お代を支払って弁償させていただかないと、
自分の心が気が済まないからお金を払わせて下さい。」
という方が少なくはありません。

その場合は、その方の心の痛みを取るために頂戴いたします。
誠意ある方のほうが多いのが事実です。

勇気を出して、心を一皮剥きましょう!


山崎

0 Comments

Post a comment