売れなければ商品では無く、 売れて初めて商品。

Categoryブームスの生き様
山崎です。

今週は都内で多くの展示会が行われていました。
その多くはプロのバイヤーを対象にした商談会のはず。

そのはずなのに・・・・

【怒①】
展示されているものに値段がついていない。
時間が無いのにいちいち聞くのが煩わしい。

【怒②】
値段を問うと「まだ決まっていない」などと寝言を言う。
値段の決まっていないものなら出品するなよ。
もしくは寝る暇・食う暇削ってでも値段付けろ。

【怒③】
「作家さん」だから何なの?
「デザイナーさん」だから何なの?
あなた達の世界の価値観が全国共通ではないので、
付加価値つけるなら売れてからにしてくれますか?
顔も名前も存在すら知りません。

全国から多くの時間をお金を使って
本気のバイヤーが集まってるのに、
出展する側が種なし骨なしの素人みたいなのが
目立つ展示会もある。

「値段が決まっていません」で、あーそですかと
笑ってスルーできるほど俺は善人じゃないです。

知らない作家「さん」に不相応な高額を
投資することもありません。


能書き肩書はいいから、
商人というビジネスな世界で生き抜いていくなら
当たり前のことで真っ直ぐに勝負して下さい。

真のバイヤーの皆さん、
いい加減素人たちを甘やかすのは辞めましょう。

値段をつけるのは俺らであり・・・実は、
最終的に値段をつけるのは消費者ということを
知っている人は少ない。

売れなければ商品では無く、
売れて初めて商品です。


山崎

1 Comments

山崎  

> 管理人のみ閲覧できます 様

コメントありがとうございます。
そのソファー、覚えております。
かなり年季の入ったヴィンテージソファー、
大事に使っていて下さって感謝です。
またいつかフラリと遊びに来て下さい。
ありがとうございます。

2014/02/11 (Tue) 01:42 | REPLY |   

Post a comment