冷たいようですが頑張りは評価外。

Category未分類
山崎です。

会社から社員の評価は結果のみ。
結果どう改善されたか、何が残ったか、
どんな効果が出たかの結果の評価のみ。

能力の高いものは能力の低いものと比べて
さほど頑張らずに結果を出すことが出来ます。

年齢関係なく能力によって給与の差をつけています。
給与の差をつけることで公平を保ちます。

頑張りました!頑張っています!は
冷たいようですが評価の対象外です。

では、頑張りは何を生むでしょうか。
社内では誰も自分の場所を与えてはくれません。
自分のポジションは自分で築きます。

ガンバリを見せる事で周囲の同情を得、
もう少しその場に居ることを許されるのでしょう。

ただ頑張っているだけの人が、
キチンと結果を出している人より
評価されることはありません。

評価に基づいてしっかりと差を付ける事が
最も公平なのだと思います。


山崎



0 Comments

Post a comment