カレンダー

12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリ


最新記事


最新コメント


全記事表示リンク


ブログ内検索


月別アーカイブ


大川家具展示会 パートⅡ

山崎です。
今回は前回の続き、前回はこちら

今日の内容は業界向きの内容です、
さらっと読み飛ばしてください。

「実は会場で決められない理由がもう一つあります」
で終わった前回のブログ、もう一つの理由とは・・・

これだというわかりやすい次の流行が無いからです。
今流行のインダストリアル系はもう量販店にまで行き渡っている。ウォールナット系はとおの昔に行き渡り済み、シャビーシックは今更感満載、皆が言うアンティーク風なんかもインダストリアル系と同じで、えーっと他には何があったっけな???業界が推し進める「MADE IN JAPAN」なんてエンドユーザーの9割は気にしてないし、1枚板なんかに今から手を出すのは自殺行為だし・・・えーっと、えーっと・・・・

まぁとにかく、わかりやすい次の流行が無いのです。
だから展示会で商品一つ一つを見ると、インパクトに欠ける商品(目新しくない)が多く感じられたかも。
わかりやすい流行があるときは、続々と目に新しい商品が出てきて競うように買われます。

じゃあ今回は何を買われるかというと、現状の売れ筋品を拾っていくだけでしょう。そして差別化を図るための個性を出すために、個性的な商品をメーカーに要求するかもしれません。

はい、以上これは量販店的見方でした。
実は流行の品々、これからの主流品は今回の展示会にたくさん出ていましたね!!!なので今回ブームスは迷いなく沢山買い付けてきました。

なるべく即決で買い付けてしまうことで、見積もりを待つ時間、再検討する時間、その後の納品までの時間などが無くなり、出張から帰った直後に納品を迎えての次の店作りの作業にすぐさま取り掛かれるというものです。
この時間の差をブームスは重要視しています。先にやったもん、言ったもん勝ちなのってまだまだこの業界にもありますからね。

ではなぜ今回これからの主流品を知り、現場で即決できたのか。ブームスは出張前に綿密に方向性を決めて買い付けに臨みました。商品を見てからどうするか?ではなく、こういう方向性の店にするからそれに必要な商品を探しに行くという形です。

そしてこれからの流行、販売の主流とは既にニトリさんが先進的に推し進めている「コーディネート販売」です。単品の持つデザインの力に頼るのではなく、その店独自のブレンド力、コーディネート力で、同じものでもよりその店の個性を表現した見せ方、販売の仕方になっていくと思われます。

要は同じ材料を使っても料理で差が出ますよね?中華にもなればフレンチにも和食にもなる。
シンプルなダイニングテーブルにアンティークの椅子を組むか、インダストリアルな椅子を組むか、はたまた王道にベーシックで行くか。ハイバックなレザーのソファーに古木のセンターテーブル?モダンなスチールのテーブル?はたまた一枚板のテーブル??

この先はコーディネートで店の個性を発揮し、差別化を図る時代にやって来ました。

ということは、売り場面積や商品点数で誇るようなお店にも、われわれ小規模店が負けない時代が本格的にやってきたという時代です。これはSCなどに入っている50~100坪クラスのインテリア・ショップの月坪売上やその知名度が既にそれを証明しています。あのような50~80坪の店には多種多様の商品があるのでしょうか?もの凄くテイストが偏った店ばかりです。

これからの図式は「量販店の多種多様」VS「小規模店のコーディネート力」の戦いになるでしょう。

中規模店さん、中途半端は厳しいので3フロアのうち2フロアをストックヤードにして、1F売り場のみで戦ってみましょう。売上そんなに変わらないはずです(笑)もしくは色気出してディスプレイなどせず、足の踏み場もないくらいの「陳列」に特化して量販店に負けないワッショイ感で勝っていくのが吉に感じます。

話はだいぶそれましたが、今回の大川展示会を見て感じたことでした。


大川家具展示会

山崎です。
今日の内容は業界向きの内容です、
さらっと読み飛ばしてください。

全国インテリア・ショップの新年の祭典
福岡県大川市で開催された家具の展示会に行ってきました。
年4回開催される中でも、1月の展示会は
特に来場者が多く出展者や新作も多く、
1月の展示会で各メーカー、各店のおおまかな
方向性が決まってしまう場合もあります。

今回も例外なく大変来場者が多く感じられました。
しかしです、ここ数年大きく変わったことがあります。

毎回、1月は4箇所あるどの展示会場も
車を停めるのに苦労します。
しかし今回はどこの会場も車を停めるのに
苦労がありませんでした。
ですが・・・・会場はいつもの様に人でいっぱい。
いや、いつも以上の気がします・・・・・

会場を回られてる来場者の方々、
以前は単独で来場し、単独で商品決定される方が
多く見受けられました。いうなれば個人での決定権
で動いているお店です。

今回はそういう方々は非常に少なく、
複数人で会場を回られてる方々がとても
多く見受けられました。
駐車場の現象も、1台に複数人が乗り合わせて来てると考えれば、つじつまの合うことでした。

比較的個人の趣向で店作りができる個人店が淘汰され、計画的(戦略的)に店作りをする組織的な店が力の残していると言うことなのでしょう。個人店の中でも時代の流れを読み、個人の趣向に偏らず、計画的に仕入れをしてるところが力を残してるということなのでしょうか。

なので今回は会場で契約が決まることは少なかったはず。
いつにも増して「持ち帰って協議後回答します」パターンが多かったはず。
この理由は上記の通り決定権を持つ一人の仕入れではなく、組織的な仕入れなので、その場で決めることが出来ないのです。

実は会場で決められない理由がもう一つあります。
それは次回のブログで。

以上、来場者の傾向から見た推測でした。
因みにブームスは会場で決めるのが6~7割です。


つづく

家具品種別のバイオリズム

山崎です。

新春2発目のブログです。
家具も品種によって売れる周期があると考えます。
簡単にいえば商品の寿命と飽きと買い替え周期です。

ソファーは平均して7年
食堂セットは15年
食器棚は15年
TVボードは10年(テレビ買い替えに伴う)

グラフ作ってみました。

単純に売れる時を100,売れない時を10にしました。
ソファーはあまり売れない時期に落ち込まないので
売れない時期でも30にしました。
山の高さ低さではなく、単純に周期のみ見てください。

WS000000_20160101154547fe0.jpg

売れた時期があたってるかどうかは
もう少し皆さんの意見を聞きたいと思います。

TVボードの2011年以降の急激な落ち込みは
地デジ化で一気に買い替えが進んでしまった影響です。

この適当なグラフによると、2015年、2016年は
箱物メーカーにはダブルで苦しい時期に陥っています。
食器棚は益々来年売れなくなります。

で、この適当グラフによって怖いのは
2年後、3年後の谷間です。
買い替え需要がほぼ見込めないので、
新規のお客様を常に獲得していかねばなりません。

こういう谷間の年は、安いものが横行する年です。
なぜなら、新規客とは若年層が多いからです。

こうやって家具の売れ行き周期をグラフで見ると、
なかなか面白い予測が立てられます・・・・・が、

俺らみたいな小さなお店は、日々売上太くするために
いろいろチャレンjして失敗を重ねていかねばなりません。

ちょっと面白い遊びでした!
でもピークは何年だったよとか、買い替え周期は何年じゃね?
なんていう意見待ってまーす。

山崎

2016年の考察と目指すところ。

あけましておめでとうございます。
2016年もどうぞ宜しくお願いいたします。

行くのか行かないのか?変わるのか変わらないの?
白黒はっきりしない、モヤモヤっとしたグレーの2015年
何事にも節目がありませんでしたね2015年。

昔懐かしい言葉で言うなら「ファジーな2015」
余計にもやもや感が増してきました。
歴史的な気候変動にも慣れてきた感もあります。

ハロウィンも当日だけ盛り上がった感満載、
今年をピークに来年からは盛り下がっていくでしょう。
急激に盛り上がりすぎました。
まさかハロウィンがナタデココと同じ運命をたどるとは・・・・

クリスマスも全国的にムードが無くなり、
数年前は11月から街はクリスマスムード一色でしたが、
そんな長丁場や、商業主導の宗教儀式がいつまでも続くわけ無く
今年のクリスマスは例年の盛り上がりは全く見られませんでした。
ホテルやレストランも空いていたような・・・・
クリスマス本来の姿に戻りつつあるのでしょう。

なので飛び抜けた感のない昨年。
だから昨年の漢字一文字が「安」という
なだらかな感じの漢字が選ばれたのでしょうか。

さて2016年。

色々減ります。
減るというと良いイメージが無いと思います。
そうです、今までの価値観の中では
「小」より「大」が、「少ない」より「多い」が
「狭い」より「広い」が価値あるものと思い込んできましたから。

数の理論で言えばそうです。
しかしこのブログで7年も言い続けてきた
21世紀には数の理論が薄らいでいくという事実。

減るということは価値が上がります。
お金が多い時は、くだらないものにポンポコお金を使っちゃいます。
適正価格を越えたくだらないクソ高いものもポンポコ売れますし、
安くて買うだけ損みたいな使い捨て商品もポンポコ売れます。

なので、激安がはびこったデフレ時代は、
まだまだお金が沢山世にあった時代だったのです。

お金が減ると価値が上がる。たとえば、
一万円が今までの一万円以上の価値を持ち始める・・・というか、
人々が一万円以上の価値を求めるようになる・・・というか、
一万円をとても大切に使います。

人も同様、人が減れば一人一人の価値が上がります。
なので、今までどおりの雇用で維持していくのが困難になります。

2016年は色々減っていくのが目に見えてわかり、
そして減っていったものの価値が上がっていくのが
身に染みてわかるようになります。

更にふるいがかけられ、残るもの去るもの
モヤモヤ感はまだ続きますが、モヤモヤっとした中で
あれ?と知らないうちに消えるものはいつの間にか
消えていってしまします。

残されたものは、価値を上げる努力をしましょう。
残されたからといって、勝手に価値が上がるわけじゃありません。

2016年のテーマは「品」です。
「気品」の「品」、「品格」の「品」です。

面白い、楽しい、賑やかよりも「品」
面白おかしいとか、ただ人と違うとか、
見たことないとか、新しいとか、
そんなことよりも「品」の時代になる気がします。

ただの高級品ではないです。
個々それぞれが持ちあわせた「品」と
呼べる部分を引き出せるようなやり方。
そういったことが出来る人が輝ける年、
そんな年になりそうです。

それぞれの「品」を引き出すことで、
価値が上がっていくイメージです。


それと「選択」、もっと時代にあった言い方だと
「削ぐ」・・不要な部分を削ぎ落とし、己の芯の部分を
削ぎ出し、よりエッジを立てて時代を貫く。

多種多様な時代から、よりシンプルな時代に。
目的や機能がはっきりしたモノ、ヒト。
目的や機能、能力、特性、性格を際立たせ、
それに特化したモノ、ミセ、ヒトになる。

あえて少なくして、品を意識して価値を上げ、
目的、機能、性格、性質を際立たせる。
これが消えてなくならない秘策かも。

森や林の中から数本の木を選び、
他の木は倒される選別作業は中~終盤になりました。
次は自浄作業の段階。
根を残し、バッサリと上の大木を切り再生を狙う大技。
幹や枝を選定し、残す1本の枝・幹意外は思い切って切り落とす中技。
自分や会社に当てはめると、中々イメージが湧いてきます。

数が減って一つ一つがよく見えるようになるだけに、
その一つ一つのわかりやすさがとても重要なのです。

2016年も頑張っていきましょう!!


山崎

 | BLOG TOP |