カレンダー

10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ


最新記事


最新コメント


全記事表示リンク


ブログ内検索


月別アーカイブ


スタッフ募集で考えたこと。

山崎です。

スタッフ募集で考えたこと。

自分達の今までの仕事のあり方が
ベストという考えは捨て、
自分達の今までの仕事のやり方を
そのままやって貰うこともやめ、
自分達の仕事がより円滑になるために
新しい人を補充する考えも捨て、
新しい人が入ることで自分たちの仕事を
助けてもらう甘い考えも捨てる。

新しい人を受け入れるために、
今までの仕事のあり方を見直し、
受け入れる体制にまず会社が変わり、
新しい人に適した仕事のやり方を模索し、
新しいやり方から学ぶ気持ちで臨み、
新しい人が新しい仕事をするという
発想で迎え入れ、
「いままではこうだった」という型に
押し込まないように注意する。

簡単にいえば何が言いたいかというと、
自らの会社にうぬぼれず、
今までのやり方に無意味な自信をもたず、
新しい人を迎え入れるために
会社自体が変わらなければならないって事。

これからまだまだ沢山の新しい仲間が増えます。
より良き環境になるように、固まった考えを捨てて
どんどん良い会社になるよう努めていきます。

宜しくお願い致します。

結果を見ずとも

山崎です。

別に何がってわけじゃないんですが、
最近ふと考えたことがあります。

事の結果を見てから答えを出す人が多いです。
でも俺ら先頭をぶっちぎりたい経営者は
答えを見る前に決断を下すことが多いです。
いや、答えを見てからでは遅いのです。

結果を見ずとも決断できる知恵と勇気を!
結果が出てからでは遅すぎるのです。

山崎

カフェが出来た理由

山崎です。

secretGATE CAFEを訪れた知人に
今日こう言われました。

「あの空間でお茶が出来るなんてホント素敵!
さすがね~よく考えたわね!やり手ね」

ありがとうございます。
でも自分おアイディアじゃないんです。
2号店シークレットゲートが出来た当初から
訪れたお客様(特におばさま方)に何度も何度も

「ここでお茶が出来たらいいのにね・・・・・」
「ここでお茶が出来たらいいのにね・・・・・」
「ここでお茶が出来たらいいのにね・・・・・」
「ここでお茶が出来たらいいのにね・・・・・」

と、呪文のように言われ続け、自分は
「家具で食えなくなったら喫茶店にしますね」
と、言い続けてきました。

ある日、そんなおばさま方の一人が帰り際に
「ごめんなさいね、今日は何も買えなくて。
ごめんなさいね、また来るね」と、謝りながら
お帰りになりました。

とても違和感を覚えました。
足を運んでくれるだけで嬉しい自分達。
きっとあのおばさまは、何度も通うほどこのお店が
大好きなんだと思う。
大好きだからこそ、好きなお店にお金を落として
帰りたいんだと思う。
でも毎回毎回何かを手にして帰ることは、
出来ないことだと思う。
だからお金を落とさずして帰る時は
謝ってしまうんだと思う。

とても申し訳ない気分になりました。
以前こんな言葉を他のおばさまから頂きました。

何かを手にして帰れる時は
とても得した気分になるの。
何も手にせず帰る時は
とても損した気分になるの。

折角の貴重な時間を割いて、
足を運んで下さるお客様に対して
お金を使える環境をしっかりと作り上げないと
これはいけないなと思いました。

何かを手にして持ち帰らずとも、
飲み食いなら気楽にお金を使って頂ける。
それもリーズナブルに500円というワンコインなら
負担少なくお客様のお心使いを受け取ることが出来る。

という理由でカフェが生まれました。
元はといえば、お客様の呪文・・・いやいや
お客様のお声から生まれたのであります。

自分がやり手なんかじゃないんです、
全てはお客様の声に素直に素直に答えてきた
すべての結果が今にあるだけだと思っています。

これからも多くのお声を頂けるような
身近なお店であり続けたいと思っています。

山崎

光り目指せば影ばかり。

山崎です。

太陽に向かって走ると
道は黄金に光り輝いていますが、
目前目先にあるものはみな、
影の部分しか見えず黒いです。

10616127_648246598625145_1418563354423610150_n.jpg


過ぎて来た道を振り返ったら、
全てが太陽の光浴びて色鮮やかに美しく見えます。

光目指せば、向かう目先は影ばかり。
それが良しか悪しかなんて
過ぎて見なけりゃわからないですが、
過ぎたものは全て光照らされ姿形も明確に、
どれもこれもが美しいものと、
心で捉えて行きたいです。

1464666_648246568625148_5851950518917813167_n.jpg


 | BLOG TOP |