カレンダー

07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリ


最新記事


最新コメント


全記事表示リンク


ブログ内検索


月別アーカイブ


コンクリート製の偽城が与える幸せ②

山崎です。

ヨーロッパの古いお城を見て感じる感動や幸せは、
正真正銘の本物の感動です。

テーマパークにあるコンクリートで出来た偽のお城を
見て感じる感動や幸せも、正真正銘の本物の感動です。

例え3万円のソファーでも、そこから生まれる
幸せな時は本物。

ブームスは、遠くの城ではなく、身近なシンデレラ城のような
存在を目指そうと思っています。
誰もシンデレラ城は偽物と言いません。
ディスニーランドは町並みも建物も植物も動物さえも
偽物が多いですが、ディズニーランドという本物です。

身近に感じられ、幸せを生む環境。
そのお手伝いがより多く出来ればと考えています。

3万ソファーでも一生愛を注げれば一生使えます。
1000万の車でも、愛を失い飽きてしまえば一生使いません。

極論になってしまいましたが、
やはり良いものは良いわけでして、
ブームスが与えられた役割の範囲の中で、
しっかりと良い物を探求し提供し続け、
悪いものは排除し続ける努力を致します。

あからさまなパクリ品は論外として、
本物とは、人に役立ち幸せを産み、
且つ記憶に残る品々が本物なのかもしれません。

モノは全て人を豊かにするために生まれて来ています。
その使命を全うさせてあげる勤めが我々にはあると
考えています。

山崎

コンクリート製の偽城が与える幸せ・・・①

山崎です。

先日、業界人と深く話していた時にこんな質問が。

「ブームスさんには他のインテリアショップが
好んで置くような産地や材料や生産者に拘った
いわゆる【本物志向】の家具が無く、どちらかと
言えば【なんちゃって】な家具が多く展示して
あるのは何か意図があってですか?」

上手い比喩の言葉が見つからず
詫びながらの質問でした。

まっすぐに浮かんだ言葉は
「役割じゃないから」と「興味が無いから」

飛騨や旭川製品や国産の名品や海外の
有名ブランド家具など、巷のインテリアショップには
沢山並んでます。
それに興味を持たないウチが販売すべきものじゃない。

本物のアンティーク家具や本物のヴィンテージ家具は
巷のインテリアショップには沢山並んでます。
それに興味を持たないウチが販売すべきものじゃない。

天然木の一枚物の無垢板のテーブルとか、
巷のインテリアショップには沢山並んでます。
それに興味を持たないウチが販売すべきものじゃない。

ブームスのコンセプトははっきりしています。
「かっこ良くてリーズナブルなもの、
身近に感じられ、暮らしを豊かにするもの」


パクリ商品は論外として、
本物の家具って、そもそも何でしょ?
本物でなければ人を幸せには出来ないのでしょうか?


つづく

話してて思ったこと

山崎です。

今日、同志と話してて思ったこと。
なんで俺ら家具屋やってるんだろうね?
「暮らし」や「営み」に直結した環境つくりに
一番関わってる仕事だからねー、暮らしを豊かに=
世の中を豊かにしたいとか、シンプルにこんなのかな。
限りある人生を豊かにとか

ディズニーランドを作った故・高橋政知さんは
「国民の幸福に寄与するため」
スタジオジブリの宮﨑駿さんは
「この世は生きるに値すると伝えるのが仕事の根幹」

仕事の根幹って超シンプルだなやはり。
「全ての人によりよい明日を」こんな感じかもしれない。
がんばろう今日もっと。


そんな感じでした

山崎

きっと勇気がないだけ。

山崎です。

最近目にすることが多いです。
店内の雑貨品が壊れたままそっと展示されている事が。

もちろん壊れたものは展示しません。
お客様がうっかり壊してしまい、それを
何もなかったようにそっと展示に戻すのです。

わざと壊す人なんて居ないのですし、
展示の仕方などコチラにも過失があるかも知れないので、
壊したことを正直に申し出てくれればとがめどころか、
コチラが不備を謝るくらいなのに、
申し出られない弱い心に対してはとがめます。

弁償を恐れてでしょうか?
その方は「お金>良心」なのでしょう。

びっくりして勇気を失ったのでしょうか?
その方はとても可愛そう。
いずれにしても何より貧しいと思います。

そういう心貧しい人を二度と生まないように
コチラも展示の仕方など十分配慮したいと思います。

基本、悪質や故意でない場合は破損品はお代を頂きませんが、
お客様によっては
「お代を支払って弁償させていただかないと、
自分の心が気が済まないからお金を払わせて下さい。」
という方が少なくはありません。

その場合は、その方の心の痛みを取るために頂戴いたします。
誠意ある方のほうが多いのが事実です。

勇気を出して、心を一皮剥きましょう!


山崎

個性の押し付け。

山崎です。

ブームスには「個性派家具専門店」とあります。

この「個性」とは私達の個性の押し付けではなく、
沢山のバリエーションで、且つ他店では見れないような
個性的な商品の中から、お客様自身の「個性」を
見つけて欲しい、自らの個性に気付いて欲しいとの
願いを込めてつけたものです。

価値の押し付け、個性の押し売りほど
うざったく感じるものはありませんものね。

個性とは・・・
「他の普遍的なものと違う奇異なもの」
と勘違いしてるトンチンカンを多く見かけます。
個性とはありのままです。
心を態度を着飾らず、ありのままの個性でいる姿が
僕はとても美しく感じますし、信じられます。

しかし、ありのままと非礼は別です。
人としての敬いの気持ちは所作に現れます。
だから心は細かな所作に現れます。

美しくありのままでいるには、学びも必要です。
頑張ります、まだまだ正しい目を持てるように学びます。

山崎。

選ばれる存在に

山崎です。

当たり前の事ですが、
知人友人から付き合いでいただく仕事は一度きり。
知人友人へ付き合いで仕事をするのも一度きり。
なので相手がビジネスの場合は、キチンと利益が出るように考えます。

会社の実力や本質で選ばれず、
上から降りてくる仕事は会社を駄目にする。

見ず知らずの人から正しい評価で選ばれて
お仕事を頂けるような会社を理想としています。

似鳥社長

山崎です。

以前、似鳥社長とご同席頂く機会を頂いた時の話です。

IMG_3139_s.jpg

前からず~~~っと思っていた疑問がありました。

ニトリさんは北海道の会社です。
北海道から始まり全国へお店を広げ、今や46都道府県を超え
海外にも出店し、その数300店舗以上という超大企業です。

そのニトリさんが北海道を初めて出て、本州進出
第一号店を出店したのが茨城県の勝田という町でした。

なぜ?第一号店が茨城の勝田だったのか、もう何年も
考えても考えても答えがわかりませんでした。
いい機会です、長年の疑問を直接お聞きしました。

「社長、なぜ茨城だったのですか?商圏が魅力的だったからですか?他に有力なお店がなく勝てると思ったからですか?」

「山崎君、特に理由はないんだよ。何故そこに決めたかというと、僕は北海道から出て来た本州の人は誰も知らない田舎の家具屋なんだよ。いくつかの出店候補地と賃貸の交渉していた中で、そんな僕に一番最初に「うんいいよ」って言ってくれたのがそこの大家さんだったんだ。だからそこに決めたんだよ、他に本当に理由はないんだ。」

最も納得のいく理由だった、そしてとても腑に落ちました。

普通出店を考えるとそれに見合う条件の場所を探すのが当然。
でも、初めての地で勝ちパターンなど無い。
ご縁で与えられた場所で営むにあたり、最もその地で繁栄できる方法を模索していく。

自分が初めて店を構えた時、場所も建物も選べなかった時を思い出した。
選択ができなかっただけにどうやってこの地、この場所にお客様を呼ぶことが出来るかを、迷いなく徹底的に考え考え考え抜くことが出来た。

ある意味選択ができなかったのは、
迷いや気の多い自分には幸運だった。

徹底した一念の力は凄い。
誰がなんと言おうと自分は似鳥社長を尊敬しています。
ご機会を頂きありがとうございます。

IMG_3133_s.jpg

山崎

 | BLOG TOP |