カレンダー

04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ


最新記事


最新コメント


全記事表示リンク


ブログ内検索


月別アーカイブ


向かい風には錨を下ろす。

山崎です。

世間様同様にブームスも3月は狂ったように忙しかったです。
景気が少し上向いている雰囲気の中の消費税アップの前月、
それに加え週末が5回と、今年の3月で過去最高売上、
過去最高利益を出すのがあたり前と思って臨みました。
結果もその通りでした。

世間様同様にブームスも5月はその反動を受けています。
4月は3月の勢いを緩めない施策が効いていたのですが、
さすがに5月もGWを過ぎると勢いも落ちています。

冷静に見れば実はさほど悪いわけではないのですが、
ムードだけで見るとその落差でとても心が落ちます。
心が落ちてる時は何をしてもパットせず、また仕事に
対しての効果も薄い時期なので、やり甲斐も失います。
そんな心の落ちが身体に現れてしまう人も多いでしょう。
特に忙しかった時の後には。

長く商売をしているとお客様にはある一定の周期で
「購入時期」と「下見時期」があるのを知っています。
不思議とみな重なるもので、その2つの時期では
店の施策や、仕事の内容も大きく変わります。

向かい風の時に必死に船を漕いでも
体力を奪われるばかりで、ちっとも前に進まず
心も体も折れてしまいます。

明日は明日の風が吹く。
いつかは風向きも変わります。
強い向かい風の時は船の錨を下ろして
船に寝転んで読書でもして、風向きが変わるのを
待ちましょうよと皆には話しています。

何もしないわけではありません。
知識を蓄えることや、身体を休めることも
未来永劫この商いを続けていくには必要なこと。
その時その時に必要なことの選択を間違えずに
しっかりと働くことが大事だと思います。

残り少ない今月も楽しみましょう。
6月も今から色々考えて楽しみましょう。


山崎

SEKAI NO OWARI

山崎です。

ご報告が遅くなりましたが、先月の4月30日にお誘いを頂き
スタッフの有志と共にさいたまスーパーアリーナへ
「SEKAI NO OWARI」さんのライブへ行ってきました。

IMG_3443_s.jpg
入り口には武装した守衛さんが監視しています。
特に関係者入り口の武装は激しいです(笑)


IMG_3455_s.jpg
ありがたいことに「Guest」パスでの会場入りです。
人気でチケット入手は困難だそうで申し訳ないくらい。


IMG_3447_s.jpg
会場には思い思いに仮装している方が多く、また演出も
いたるところに仕掛けてあって会場全体がまるで
パーティー会場のよう。


IMG_3449_s.jpg
会場とは別棟のグッズ売り場へと足を運ぶが
あまりの人の多さと行列に購入を断念!!

そのグッズ売り場には本物の自衛隊の車や
ヘリなどが展示してあって、今回のライブの
雰囲気を盛り上げています。


IMG_3458_s.jpg
ウイスキーのミニボトルを一本空けて、
会場で販売していたモスコミュールを空けてから
いよいよ客席に。すごい!圧巻の人の多さ。
あらためて凄いバンドだなと思う。


IMG_3471_s.jpg
サイレンとともに入場時に配られた腕時計が点灯!!
一気にボルテージが上がる。そしてついに
コンサートが始まった!!うひょー

この腕時計は赤く光ったり青く光ったり
白く光ったり点滅したりと、その度に
ライブ空間全体の色と輝きを変えていきます。
会場が一体化していく美しさと心地よさ!!

IMG_3477_s.jpg
会場全体の美しさにうっとりんこのスタッフりさ。


IMG_3498_s.jpg
招待席なので、終始着座のままの人ばかりのエリアですが
そんなのお構いなしでスタンディングで楽しむブームス軍団。


IMG_3483_s.jpg
この後、この冷めた関係者席から、アリーナ席に
飛び降りるという暴挙に出た酔っぱらい山崎。
その理由は誰も知る由ではない・・・・


IMG_3505_s.jpg
ラストラムの宍戸さん、今井さん
この度は大変お世話になりました!!!
とても感動しました。

IMG_3507_s.jpg
ステージ中央に鎮座している椅子に感動。
コンサート終了後に間近で見られたのにも感謝。


IMG_3488_s.jpg
えー、その後・・・・
バックステージでメンバーの皆さんとご挨拶させて頂く
機会まで設けて頂き、もうなんと感謝して良いのやら。

できうる限りの今後の協力もお約束させて頂き、
全面的に応援します宣言をしてきました。

記念の記念写真は掲載の承諾を得ていないので
この場では控えさせて頂きます(はぁと)

とても楽しい時間と貴重な機会を頂き、
深く感謝しています。

この頂いた経験を自分たちの成長の大きな糧にし、
これからも社会に恥じないブームスで在り続けられるよう
精進を怠らないことを誓います。


山崎

 | BLOG TOP |