カレンダー

04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ


最新記事


最新コメント


全記事表示リンク


ブログ内検索


月別アーカイブ


あたりまえの話ふたつめ

山崎です。

「あたりまえ」についての話のふたつめ。



お店の売上を上げる秘策はありません。
一時的にドンっと上げる魔法はありますが、
魔法は短い間で切れてしまいます。

お店の売上を上げるには、
「あたりまえ」の事をしない。

それぞれの商売の「あたりまえ」
その時代時代の「あたりまえ」を
天邪鬼な俺は疑うようにしています。

あたりまえの物では購入してくれません。
あたりまえを超えた満足や感動に至った時、
購入してくれると思っています。

あたりまえじゃなかった時は驚きます。
驚きが良い驚きなら感動に変わり、
より記憶に残ってくれるでしょう。

もし、その時は必要がなく購買に至らなくても
いずれ必要なとき、記憶に残る合戦に勝利していれば
購買時の選択肢に残るはず。

あたりまえを疑うこと、これこそ
他店より記憶に残る勝負の
驚きから感動へ至る勝負の
他店より満足に至る勝負の
きっかけになると思います。

「あたりまえじゃん!」で済ます理由つけは楽、
なぜこれがあたりまえなのか?と考え始めることが
ヒントになると思います。
あたりまえとは過去との比較ですからね、
未来に当てはまるとは限りません。

意外とこれがなかなか難しいのだ。
永く売れているお店は皆これが出来ている。

お店の売上を上げる秘策はありません
ビジネス上のあたりまえのを、日々疑い
あたりまえを壊していくことだと思っています。

あたりまえの話ふたつ。

山崎です。

「あたりまえ」についての話をふたつ。



お店の売上を上げる秘策はありません。
一時的にドンっと上げる魔法はありますが、
魔法は短い間で切れてしまいます。

お店の売上を上げるには「あたりまえ」の事を
日々怠らずしっかりとやっていくだけ。
「あたりまえのこと」とは?

挨拶をする
掃除をする
正しいものを仕入れ
正しい値段をつける
決まった時間に店を開け
決まった時間に店を閉める

開けたら閉めて
出したら仕舞う

何も偽らず
何事にも敬い
姿勢正しく、礼儀正しく。

腹が立ったら怒り、
嬉しかったら笑う
自分に素直になる

人として当たり前のことです。

人として当たり前のことが時として
ビジネス上ではあたりまえじゃない時があると
間違った認識を持った方もいる。
んなこたぁ無い。

あたりまえの事を徹底してやっていれば、
時間はかかるが必ず売上はついてくる。

意外とこれがなかなか難しいのだ。
永く売れているお店は皆これが出来ている。


お店の売上を上げる秘策はありません
あたりまえの事を、日々怠らずしっかりと
やっていくだけだと思っています。



2つ目の話はまた後日。

セルビッチデニムソファー

山崎です。

今日はオリジナルのソファー
「セルビッチデニムソファー」の紹介です。

セルビッチデニム1

海外超一流ブランドも採用している国産デニムのメッカ
「倉敷」産のデニムを使用し、国内の一流ソファー工場で、
細部に渡りこだわり抜いて制作したこれぞ「デニムソファー」

生地はなんとヴィンテージデニム「セルビッチ」
「デニムバカ」な某カジュアルウェアのメーカーや
ショップの多くの人がこのソファーの制作に関与、
監修にあたったデニム好きの為の一本でもあります。

セルビッチデニム2

リジットのデニム生地なので、
色落ち、色移りを思いっきりします。
背クッションを大きめのデニム生地でルーズに作り、
あえてゴムを仕込んでシワを出すなどして、
使い込むほどに「あたり」(シワ部分の色落ち)が
出やすくする工夫などしています。

セルビッチデニム3


デニムのルーズさを最大限活かすため、
ぐしゃっとしたフォルムの表現と、
座り心地の良さの両立のため、
クッション部に贅沢な羽毛を100%を採用。
脚の木部はウォールナットを使用するなど、
フレーム、裁断~縫製に至るまで
国産ならではの力を大いに注いで作られたソファーです。


◎デニムソファー セルビッチ3Pソファー
■素材   
 張り地・国産デニム(セルビッチ)綿100%
■クッション
 背・羽毛100% / 座・羽毛・Sバネ・ウレタン
■サイズ  
 幅1900×奥行850×高さ700~750mm
■価格   
 ¥250.000

お求めは「山崎惣左衛門」店 http://souzaemon.jp/
オンラインショップから是非。

ブームス ストリートマップ

山崎です。

4月15日に2店舗増えてから、
ブームスの各店が並ぶ目の前の道路を勝手に
「ブームス ストリート」と呼んでいます。

STMAP

「ブームス ストリート」と呼ぶようになってから
初めての大型連休を迎え、日々大変賑やかで、
忙しくも楽しい毎日を過ごさせて頂きました。

今までのGWは、ご来店数が多い日と少ない日の
差がありましたが、今年は全ての日において
お客様の多い日々で、とても嬉しく思います。

もっと嬉しいのは、店舗間を歩かれて移動なさる方が
大変多いことです。広告で入れたマップ片手の方、
店舗で配布したマップ片手の方、ご夫婦で、ご家族で
恋人同士で、友達同士で、陽気の良さも手伝ってか
皆さん歩かれてるのに大変感動いたしました。

お話を伺えば「今は③番のお店から来て・・・」
「これから②番に行こうと思うんだけど・・・」と、
マップと看板のリンクの効果がとても感じられた
GWの営業でした。

これからも皆さんに楽しんで頂けるよう、
現実の道路を快く歩いて頂けるよう工夫をしたり、
何か仕掛けをしたり、次のコンテンツを考えたり、
近隣の飲食店とコラボレーションしたりと、
ストリートの充実に力を入れていきます。

皆様、ぜひまたいらっしゃって下さい。
どんどん楽しいストリートに進化させます。

ありがとうございます。


山崎

一旦

山崎です。

言い訳で
「とりあえず一旦~をしておきました」
よく聞きます。

「一旦」にしたってことは
「二旦」が必ずあるってことさ。

意図的な一旦ならまだ認めるけど、
策なし案無しでの一旦なら認めない。

出来る人間は一発で決めるもんさ、
出来ないから「後で」と一緒じゃないか
「一旦」なんて。


山崎

 | BLOG TOP |