カレンダー

07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ


最新記事


最新コメント


全記事表示リンク


ブログ内検索


月別アーカイブ


8月から9月へ。

はみだし者です。

無事に8月も終えることが出来ました。
巷では売れないと言われている8月、
今年の8月は何か違ったブームスでした。

とても体力的にも精神的にも
追い込まれていた感がいっぱいだったのですが、
終えてみたら過去最高の売り上げでした。

別館もオンラインショップも増えてのことなので、
単純に比較は出来ないですが、やはり嬉しいです。
心より感謝申し上げます。


今年の9月をターゲットに、
会社的にギアの入れ替え時期と目指してきました。
なんだかブームスだけでなく、社会全体、
地球全体が9月にギアが入れ替わる
ずっと唱え続けてきた「価値観の変革」が
もっと加速を見せ始める月になりそうです。

あれだけ沢山のヒントが世の中にあったのに、
今までギアの入れ替えが出来なかった人、
この月にギアを切り替えが出来なかったら
取り残されそうな気がします。

ウサギ年です。
登坂、加速して生き延びましょう。
下りへ加速すると転び落ちます。


正面突破で頑張りましょう。



はみだし者

テキ屋

はみだし者です。

今日の俺は店を飛び出して、
年に一度の取手の駅前夏祭り
ソニックガーデン」へ初参加。

ま、一言で言えば
「イベント付街ぐるみ巨大ビアガーデン」で
飲食の屋台中心なんですが、
賑やかしで参加してきました。

怪しい店

店で売ってる単価の低い雑貨を、
ただ並べても売れないのは二百も承知なので、
(だって店に並べて売るために仕入れたものだから)
看板に小細工をしました。(上画像)

看板だけ写真に撮る粋な人も(笑)


意味不明な「幸せを呼ぶ水入らず枯れない苔玉」とか
「中国四千年の取手名産土産」とか
「持つとぐーーんと背が伸びるバック(かも)」とか
怪しいキャチコピーに溢れています。


賑やかしにはなりました。

テキ屋


常連のお客さんと、
普段店内では聞けないような
お話が聞けたりと有意義な時間でした。


来年は怪しいクジ引きの店でもやろうかな。


はみだし者

予定外は予定内③

はみだし者です。

先々日先日の続き。

予定外に時間に余裕が出来たので、
もう何度も訪れている「袋田の滝」へ。

着いた頃、雲行きが怪しく遠くでゴロゴロ。
さすが山の天気だ、変わりやすい。

長いトンネルを抜け、滝を目の前で見られる
第一観瀑台に着く頃には、しっかり降雨。

いやしかし、何度見ても圧巻の大迫力。

袋田の滝第一観瀑台

全身で滝の「気」を浴び、
トンネル内のお不動様に手を合わせてから
待ち時間ゼロでエレベーターに乗り
新観瀑台へ上る。

エレベータの扉が開くと、土砂降り。
新観瀑台には屋根が無し。

子供に「あと10分でピタリと止むから
ここからの景色を見て待とう」と言った
10分後にピタリと雨は止む。

「お父さんスゲエ、お父さん
 どれだけ超能力持ってるんだ」の一言が面白かった。

「お前も持ってるのに気付いてないだけだよ、
 追々ゆっくり教えるよ」と、
ポジティブな言葉で返す。

土砂降りが嘘のように3分だけ滝に日が差す。
ところどころ山から蒸気があがり神秘的。

袋田の滝新観瀑台

また雨が降り出しそうな気配がしたので、
降りることにする。

帰りのルートはワクワクするような吊り橋を渡り
川向こうの山道を抜けるルート。

山道途中の茶屋にたどり着いた時、
再び土砂降りの雨、さすが山の天気だ。

茶屋で簡単な傘を購入、足早に降りようとした時
茶屋のご夫婦がそろって一言

「この雨はすぐ止むよ、休んで行きなさい
そこに冷たい水もある、自由に休んでいきなさい」


田舎の人間の親切は、素直にきくもんだが俺の信条。
谷よりの席に陣取り着座。

旅先ではケチらず金を落として行けが俺の信条。
目に付いた「みるくあずき」のカキ氷と
まだ食していなかった「鮎の塩焼き」を頼む。

息子に話す
「旅先ではケチらず、おおいに金を落としいきなさい。
二度と会うこともない人に感謝の意として
二度と来れないかも知れない地に、
訪れさせて頂いた感謝の意として
他意の無い利を置いて行くことに意味がある」と。

小学校5年生には少し難しいようだが、頷いていた。


晴れ間が差す。

谷の目と同じ高さに虹がかかる。
なんて神秘的。

去り際、茶屋の親父に
「寄って良かったよ」と一言。
すると親父
「まさかあんなところに虹がかかるとは
 思わなかった、良かったよ」と。


これもまた「予定外の予定内」
予定通り帰路を急がず、ありのままと
人の親切を素直に受け入れた賜物。


よい旅でした。

一日前に朝礼で話したことが、
まるで予言のように現実として直面したのも
とても繋がりを感じました。


はみだし者

予定外は予定内 その②

はみだし者です。

先日、滝と渓流が見たいと山に行きました。
茨城の北、奥久慈の名で有名な大子町へ。
好きでたまに訪れる地。

滝の裏側に入れるという「月まちの滝」
「もみじ庵」という蕎麦屋の敷地内にあるとの事で、
滝を見ながらの蕎麦食いを楽しみにしていたのだが、
その日は代休。

ウエンズデークラブ(水曜休みの人の会)には
行った先がお休みなのは日常茶飯事。

もみじ庵さんのご好意により、
滝だけは見られるようで、滝で遊ぶ。
滝の近くにいると不思議に精気が沸く。

月まちの滝


お店が休みのせいか、人も少なく
思い切って川の中に息子と一緒に入る。
やりたかった渓流遊びが滝のすぐそばで
出来た。

月まちの滝 川の中から
    写真撮ってる知らんおっさんの頭↑

目的の店で蕎麦食いを逃し、
どこかで蕎麦食いたいが土地勘も無く、
とりあえず山の中へ走っていこう!と
(普通は逆だろ)走り出す。

山登って降りたら、かの有名な
「袋田の滝」のすぐそばに。

震災の影響か閉めtる店が多い中、
蕎麦屋の店前にガンと座るおっさん発見。
すぐさまUターンして店前に駐車。

おばちゃんが飛んで出てきて
満面の笑みで手招きしながら駐車の誘導。
見るからに人が良さそうだ。

お勧めはと聞けば、地元名産の鳥
「しゃも」の暖かいつけ汁につけて食べる
十割蕎麦だという。

素直にそれに従う。
食べてみたかった「そばがき」と
名産の刺身こんにゃくもお願いする。

上手い。しかも量が多い。

サービスだといってゆず味噌こんにゃくが
人数分と、裏庭で取れたミョウガときゅうりの
おひたしが出てきた時は食いきれるか不安になったが
ぺろりと完食した旅の魔法。

蕎麦を引く石臼を見ながら
おばちゃんとの話も弾み、
田舎の心地よい時間をすごし、
上手いものたらふく食って
この店に来れたのは「予定外の予定」だなと
腹の底から思った。

「こっちへ来たらまた来るね」の言葉を残し
去ろうとしたら、お土産だといって
「うまい棒」を両手いっぱいくれた。

最後まで店先に立って
見送ってくれたおばちゃん。
対照的にオヤジは一言も口を利かなかった。

また来たい!と思えるのは
どんな美味しい味や、安さより

「あの人にまた会いたい」

これに勝るものは無いと深く思った。

この後、袋田の滝に行くのだが
そこでもまた「予定外は予定の内」が



つづく


はみだし者

予定外は予定内。

はみだし者です。

スケジューリングが全く苦手で、
スケジュールを組んでも、その通りに
全く実行できない運命の下にいます。
そんな俺が語る内容では無いです。

先日朝礼で、何事もスケジュール通りに
事が運ばなくても、ネガティブな感情を
持つ必要は無いと話しました。

特に自らが立てたスケジュールの場合は。

自らが生んだスケジュールに縛られて、
目の前にある他の可能性の芽を、
見落とす場合もあります。

スケジュール通りにこなせて100点とした場合、
スケジュールに縛られて(従って)行動した場合
120点や150点を生む可能性は低いという事。

スケジュールとは効率性を最優先した策、
自らが生んだスケジュールに従うのではなく、
自らにスケジュールを従わせるのだと。

そう考えると、予定外の事も実は予定内なのだ。

予定外のことが、
実は大きな「利」の種を持ってる可能性が高い。



昨日、旅先でそれを実感するような事が
連発しました。

その話はまた明日。


はみだし者

三種三様

はみだし者です。

シークレットゲート店、
大した宣伝もしていないのに
着実に「コアなファン層」の広がりを
実感しております。

同業からは
「よくもまぁ、こんなに回転悪く
 売れないものを集めたなぁ」との声が
地獄耳の自分には聞こえてきます。

リスクは回避せず、
正面突破のフロンティア魂が
性に合っています。


オンラインショップ、面白いです。

店では全く売れていないものが、
オンラインショップで爆発しています。
そろそろ在庫が底を尽きて終了します。

その商品が何かと言うと、
とげが立つので伏せておきます。

3つのお店、まさに三種三様の賑わい。
ありがとうございます、
これからも楽しんで頂ける様、
ドンドンリスクを背負って正面突破で
道を切り開いていきます。
生暖かく細い目でお見守りください。


はみだし者

ネタが浮かばない日は

はみだし者です。

雑貨がモリモリ入荷してるのですが、
そのネタを書くと昨日と被る。


ブログのネタが無い日は
こちらをどうぞお楽しみ下さい。


他力本願寺


はみだし者

人気のモロッコ風ランプが。

はみだし者です。

なんだかんだ人気が出ちゃって
売れ行き好調のモロッコ風ランプ。
ランプといっても大半がキャンドルランプ。
そのエキゾチックな風貌が何だか今風??

そのモロッコランプの新商品入荷に伴い、
モロッコランプコーナーを増設しました。

モロッコランプコーナー①

こうしてみると凄い量。
てか、この十数倍の量が倉庫にあるわけですが・・・

今回はそれぞれのランプが点くように
スイッチでコントロールできますぜよ。

モロッコランプコーナー②

新色の「ホワイト」大量入荷。
なかなか良いです。


このランプとともに、良く売れているのが
明かりが揺らめくLEDキャンドルランプです。

LEDキャンドルランプ
LEDキャンドルランプ ¥420

単三電池で点すことが出来るタイプが人気。
何せ単三電池なんで長寿命。
エネループのような充電式の電池も
使えますしね。

組み合わせたらこんな風に。

ランプと組み合わせ抜群

素敵でしょ。

まだ全てアップしきれてないけど、
順次こちらでアイテムを確認できます。

意外とリーズナブルだっぺ?
直輸入ですから。


はみだし者

更新しました。

はみだし者です。

本日、九州は福岡県大川市より
アポ無し突然の来訪に、驚きと感謝と
喜びでいっぱいだったリンゴマークの
「岡製作所」(通称・ラブリー)の
岡ちゃん!ようこそ。嬉しかったです。

ハリーに会いたがっていました。
文才は褒めていましたが、
きっと会ったら文ほど面白くない人だろうと
見抜かれていたぞ、ハリー(笑)
大うけです。


久々にブームス店の「新着家具」を更新しました。

オンラインショップで新商品を
日々更新しているので、合間をぬっての更新。
やはり新商品はいいですね、新鮮だし
時代や流行の移り変わりが見えます。

今夜は(も)鬼のようにやることがあるので
この辺で失礼。


最近吼えないので寂しく思われている方、
吼えずにあしからず。


はみだし者

予告・決算報告会

はみだし者です。

来月早々、決算報告会を行い、
全社員に会社のお金がどう使われているか、
細かい数字まで全てあらわにします。

もちろん役員報酬も公開。
社員個別の給与は配慮して非公開。
会社は社員のものとの考えから、
とことんオープンな経営を目指す結果。

車にたとえるなら
ブームスのギアが変わりました。
芝居にたとえるなら
ブームスの幕が変わりました。
そんな実感をしています。


義理と人情のブームスと呼ばれるよう
これからも精進していきます。


はみだし者

 | BLOG TOP |  NEXT»»