カレンダー

12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ


最新記事


最新コメント


全記事表示リンク


ブログ内検索


月別アーカイブ


1月終了。

はみだし者です。

1月はあっという間に
終わってしまいました。
お店もお休みが多かったせいか、
私も半分近く不在だったせいか、
ものすごくあっという間。

2月は春に向けての準備が始まりますので、
大変忙しくなる月でもあります。
既に店内は、春向け新商品で彩りも豊かに。
2月は熱いです!!!!


さて、最近
中山君のブログが面白い。
逆に自分は書くことが見つからない。
ここ最近の自分は、何だか
色々な事がうまく回転していない。
本厄最後の悪あがき月間みたいな感じがした。
旧暦で考えれば2月3日で本厄が終わる。
厄をブログのネタ無しの理由にしてみた。

そんな最近面白い中山君のブログから
無断でネタを拝借してみた。
俺のエピソードでもあるからいいだべ。



ある日の中国での出来事。
初めて訪れた時、全ての中国人は無愛想だった。

空港でもレストランでもホテルでも、
俺達に会う中国の人達は、
みんな無愛想で対応もカナリガサツ。
何処へ行っても、誰にあっても“ニコリ”ともしない。
同行した中山君と、そんな話をずっとしていた。

その日の昼食時、
流暢な日本語を話す中国人の社長に聞いた。

「なんで中国の人達は笑わないの?」

すると

「だって、あなたたち日本人全然笑わないじゃない」

「スーツ着て偉そうにして、あなたたち全然笑わない、
 中国人もあなたたち見て笑えないじゃない』

更には「中国人みんな笑うの大好きよ!」

この時のショックは多分一生忘れない。
これぞ「人は鏡」

一人の人としての未熟さと、
旅先での日本人であることの恥ずかしさと、
自分を見ずの思考回路の愚かさに気づいた。

翌日からですよ、
中山君と2人で、会う人会う人に笑顔で声を掛ける
『日本人のイメージを
  俺達2人で良くしようキャンペーン』を開催。

滞在中ずっとやってました。
するとどうでしょう、
いままでニコリともしなかったウエイトレス、
こちらから笑顔だと、みんな笑顔。
冗談言ったり、話をかけてくれるまで。
(何言ってっかわかんね~けど)
タクシーの運転手に笑顔を向けられたりと、
ドンドン楽しくなって、
ドンドン中国が好きになっていった。

笑顔が欲しければ、自分が笑顔に。
楽しくなりたければ、
自分が周囲を楽しませれば良いのですね。

こんな当たり前の事が・・・って
当たり前と気づかせてくれた異国に感謝。


パクリ元URL


実名表記は意図的 はみだし者

どん!っと。

はみだし者です。

本日は「どん!」っと
遠方から沢山の方にいらっしゃって頂いて
本当にありがとうございました。

楽しんで頂けましたでしょうか。

ブームスが観光地化しているようで、
「茨城名産」の冠を付ける日も
そう遠く無い気がしました。

茨城名産「ケーズデンキ」
茨城名産「ライトオン」
茨城名産「ジョイフルホンダ」

早く並べるようにガンガリマス。



はみだし者

新着家具更新

はみだし者です。

長らくお待たせいたしました、
2011年新作第1弾の新着家具
更新いたしました。

先ずは第1弾です。
ソファーかなり良いです。


入荷早々、
大人気なのがこちら

BKソファー
¥69.900

第2弾は久々ベッドのライナップも
増えました。

是非、店頭でお確かめ下さい。


今日はここまで。

はみだし者

ジャックと豆の木

はみだし者です。

イニシャルでの表記をお許し下さい。
誰が見ているかわからないので
実務に差障りが無い様、些細な配慮です。

本日は、誠に僭越ながら、
家具経済同友会の新年の集まりに
ご招待を受け、参加して参りました。

M家具のM会長様
K家具のK会長様
T家具のK会長様
TI家具のT社長様
FベッドのI社長様
T室内のC社長様

名を上げたらきりが無いくらい大勢の
全国のインテリア業界の諸先輩方々。
「先輩」と呼ばせて頂くのも失礼な程、
雲の上の方々と同席をお許し頂きました。

また1時間という短い時間ではありましたが、
公明党の太田昭宏議長のお話も
拝聴する事ができました。

しかもですよ、皆様の前のその場で、
若手末端のいち家具屋として
今後、家具業界をどのようにしていきたいか
率直な希望と、意見を述べさせて頂く
機会を与えて頂きました。

僭越×1000越。


業界を引っ張れている方々は凄い。
オーラも懐の深さも、そして気迫も。

私が若いからなのか、
皆さん温かくて、言葉が無いです。

本日は残念ながら不参加で
お会いできなかったNのN社長の事も
皆さんが温かく話題にされていらっしゃったのが
とても印象的でした。

内容は書けないのが残念ですが、
特にM会長のお話、K会長のお話、
T社長のあたたかなエール、
名指しでご指導下さったK会長のお言葉
確信と共に、胸に突き刺さるものばかりでした。


会食の場では、笑いが絶えず、
驚くほどたいへん明るく盛り上がり
腹の底から笑わせてくれたI社長のおかげで、
良いのか悪いのか、すっかり緊張もほぐれ、
素晴らしい時間を過ごせました。
その他、沢山の皆々様のお気使いに感謝です。


今日は一瞬だけ雲の上を見ました。
明日からは、いつものように
地上の現場で切磋琢磨の日々です。
厳しい眼差しで、お見守り頂けたら幸いです。
今後も沢山の事を学ばせて頂きます。


ありがとうございました、
とにかく頑張ります。


それでも名と信念は 「はみだし者」

方針演説

はみだし者です。

あした28日は、
業界の大先輩方々を前に
論じなければならないという
小便ちびっちゃいそうな
出来事が控えてるので、
今夜は早く寝ます。


神のご加護を。



何処へ行く はみだし者

新規事業案

はみだし者です。

今年の目標は「倍」です。
何が「倍」かって、それは色々と。

その目標、早速1月から
つまずいているのですが(笑)
今年中にやりたい新規事業が
ざっと思い浮かべただけで5事業。

その中には、今まで自分の中で
否定してきたものも含まれています。

なぜ、否定してきたものをやるのか?

それは、やった事が無く
否定するのはおかしいと思ったからと、
その事業に対し、時代と己の考えが熟したから。

考えなんて一瞬で変わりますが、
信念は変わりません。

「やるよ」とスタッフに話したところ
絶対大反対を食らうと思っていたのに
「良いんじゃないですか」との答え。

同じように流れを感じていた事が
嬉しかったり。

自ら否定していたものに挑戦するって、
チョット楽しそうじゃないですか。


さて、戦闘員募集でもしますか。



はみだし者

希望と要求。

はみだし者です。

工場の老板(社長)から従業員から
久々の再会でした。

私がお付き合いさせて頂いている工場は、
日本でも超有名な量販店の品を製造しているし、
かたや同じ工場で日本でも超有名な
インテリアショップの品をも製造しています。

こういう工場は沢山あります。
え!あそことあそこが、元を正せば同じ工場!?
と、ユーザーさんは驚くかもしれません。


さて、そんな工場の一つ。
最もウチとパイプの太いところの話。
ここも工場と会社を2箇所に増やして躍進中。

俺が
「御社の品物は、大変お客さんに喜んでもらっている。
 喜びの数だけ、私も成長する事が出来た、
 本当に感謝しています。
 私は、その私達とお客さんの感謝を述べに
 ここへ来ました。」

すると老板は
「それは本当に良かった、私達もこのように成長できた。
 私が望むのは、共に歩み成長する事。
 あなたの会社の成長が、我が身のように嬉しい」

この言葉が聴けて、本当に嬉しかった。
俺は数を買うわけではないのに、細かい事にも
親切に対応してくれる、申し訳無いくらいだ。

ただ、こんな言葉も聴いた。

「私達がこれからも望むのは品質と信頼、
 しかし最近の多くの日本のカスタマーは
 最初から安さを求めてくる。
 安さを先に追えば、品質は下がるのは当然の事。
 私達が望む事と、カスタマーが望む事の違いで
 思うように成長が出来ない事がある」

この話は「工場×バイヤー」の話だけど、
ふと頭の中で「小売店×消費者」の図式に
置き換えてみても納得できた。

先ず「安さ」ありきでは無い気が大いにする。
先ずは「品質・信頼」ありきで商品を作り、
そこからいかに創意工夫を加えて、価格だけではない
「安い」ものにして行くかが大事だと思う。


「私が望むのは、共に歩み成長する事」

この言葉が胸に響いた。



はみだし者

ただいマンボ。

はみだし者です。

青空の見えない中国広東省から
帰国いたしました。

空気の悪さに拍車がかかったようです、
二日目から、のど鼻が痛くて辛かった。
茨城の空気の美味しい事に、感謝しました。

広州、東莞、深セン、恵州は
道路も広く、車も多く、店も多く
ビルディングばかりの都会です。

ふと、
この地で一番の田舎者は、
俺じゃんと思いました。
(センスは絶対負けないけど)

今は直接取引は無いけど、
久しぶりに訪れたメーカー、
新工場になって、大きくなって
社長はBMW6シリーズに乗ってました。

「では、早速ショールームを見ましょう」
と言う事になって、3階へあがると・・・

照明は天井からぶら下がったまんま、
壁は仕上げの途中、床もコンクリむき出し、
工事中のショールームを「どうだ」と
言わんばかりの満面の笑みで案内する社長。

確かにショールームを見た。

見たいのはショールームに展示してある
品物が見たいのだよ。
ここまで来るのに2時間弱かけて、
見たのは工事中のショールームと、社長の笑顔だけ。
(ま、元気そうで何よりだったけど)

以前も、
「新しい工場を見に行こう」と誘われ
窓も扉も無い工事中、外壁だけの・・・・(以下略)
どうだと言わんばかりの満面の笑み(T氏談)

折角だから食事でもと、お誘いを受け
工場から5分ほどのビルの一角で着く。

そこには子牛やらロバやら鳥やら犬やら、
色んな動物がいて
「なんか動物園みたいで、ほのぼのしていいね」

そんな言葉もつかの間、目を向けると
店先で、さぞ新鮮さを自慢するかのように
ロバの解体ショーをしていた。

都会と思っていた街、
大通りに面した一角で、
「ザ・グレートハンティング4」

日常の事、観客などいない。
淡々と、毛を湯剥きしている。
でろんでろんで真っ白な肌が生々しい。

同行した一人は、一気に食欲減退。
「マグロの解体ショーと変わらんやろ」の
一言でその場を収める事にした。

店に入ると、容姿から顔から髪型まで
エイミーワインハウスそっくりな
服務員(ウエイトレス)が、全員に
1/3はテーブルにこぼれているだろうと言う、
中国伝統にのっとったエレガントなお茶の注ぎ方。
テーブルクロスはベッチョリーナ。

中途半端な地方では、良くあることなんだけど
エイミー・ワインハウスにそっくりだと言う事、
そのエレガントな注ぎ方に、笑いをこらえられなかった。

ショールームの事もあわせて、
ドリフのコントを見に来た様で
2時間弱かけて来た甲斐があった。

ロバは食わなかった。

そんな半日。



はみだし者


正月気分もスッカリ抜けて。

はみだし者です。

1月も15日を過ぎると、
巷の空気も正月気分がスッカリ抜けて、
皆様の目は既に春に向かっているような
感じがします。

タイガーマスク運動、物凄い広がりでしたね。
年末のブログで予言(笑)した
「慈しみ深い年になりますよ。」の兆しが
こんなにも早く現れるなんて嬉しい。

使う事で他人も自分も豊かになる。
こんな素敵なお金の使い方が良いですね。
報道で知っただけの自分も、
豊かな気持ちになりました。

「やらない善より、やる偽善」

成果より動機が最も大切なんですが、
動機が素晴らしいから、良い成果を
得られた(与えられた)のではないでしょうか。


さて、私はみだし者。
明日より日本をはみ出して参ります。
行き先は中国広東省。

ブームスを育ててくれたといっても
過言じゃない、ベストセール商品を
作って頂いている工場の社長に2年振り?に
会いに行ってきます。

目的は、沢山のお客様から頂いた感謝の言葉を
そっくりそのまま伝えに行く事です。

人は気持ちで動いてくれます。
ここの社長さんは、まさにそんな人。
沢山買うより、沢山お金を積むより
気持ち豊かになることが、
「お互いがよりよく成長する為」の糧です。

23日には戻ります。
しばらくブログはお休みです。


それでは再見。



はみだし者

大川産業会館・昼食大作戦!!

はみだし者です。

今日のブログも業界向け。

今回の大川新春展で、一番残念だった事。
産業会館の昼食が無料になってしまい、
ブッフェ方式じゃ無くなってしまった事。

俺は以前の
「大川の母ちゃん達が作りました!」的な
暖かみのある小料理群が大好きでした。

それが無料とは言え、うどん一杯か、
カレーライス一杯か、冷えた弁当になってしまった。
(おにぎり、おしんこ、お汁粉はフリー)

おかげでチケット配布所も、
受け渡しカウンターも大行列。
賑やかさが増して、俺は行列は気にしないけど、
なんか安っぽいバタバタ感は好きになれなかった。


俺が産業会館のランチ担当だったら・・・・

ランチは
・無料の冷えた弁当コース
・500円のブッフェコース
・1000円のブッフェコース

この3つにします。
無料の弁当は、入り口付近の簡単な
テーブルセットで食して頂きます。

ブッフェコースには低い仕切りがあって
500円、1000円お互いが
見えるようになっています。

実は500円も1000円も料理はほぼ同じです。
500円の飲み物は水かお茶かコーヒーのみ。
1000円にはジュースサーバーも付きます。
1000円にはフルーツなどデザートも付きます。

お互いが見える所がミソです。

例え料理は同じでも、
家具屋は見栄っ張りな人種なので、
1000円コースが賑わいます。

無料もあるわけだし、
従来の500円もあるわけだし、
充実の1000円コースもあるわけだし、
選択肢は豊富で、不平など言うほうが
おかしいくらいです。

ブッフェの料理を適当に詰めれば
弁当は出来上がるし、料理の手間は
従来とさほど変わらないはず。

是非是非、実現してもらいたい。
工業組合の方、ヨロシク!!



はみだし者

 | BLOG TOP |  NEXT»»