カレンダー

02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ


最新記事


最新コメント


全記事表示リンク


ブログ内検索


月別アーカイブ


3月よありがとう。

はみだし者です。

最近ブログのネタ不足を
埼玉県の某「中山家具」の常務様に
見抜かれた今日この頃。

ホント時間に追われて
戯れ事を思い浮かべる暇も無かったんだよ~
と、言ってみるテスト。

長かった、3月。
ブームスは大変忙しい1ヶ月間でした。
本当にありがとうございました。

気がついたら3/6からHPの更新も滞り、
そんな事態に俺が凍りつき、
本日慌てて「新着家具」の画像のみ
アップすると言う荒業に出ました。

詳細は後日と言う事でご勘弁を。


新企画・マハール山崎の業界占い。
4月の占い「白黒ハッキリ荒れそうだ。」

  ↑つまんないね。


じゃ、チャオ!!


はみだし者

業界紙をご覧の皆様

はみだし者です。

業界紙「ホームリビング」を
ご覧の皆様ゴメンなさい。
自論を吼え過ぎました。

4月6日~8日までの
「ジャパンインテリア総合展」には
変装して潜伏いたしますので
声をかけないで下さい。


はみだし者

遅れてゴメンナサイ

はみだし者です。

ありがたいことに
HPの更新が出来ないくらい
忙しい日々を過ごさせて頂いています。

本日やっと商品写真の
画像修正が終わった矢先、
またもや商品が入荷。
終わり無き戦いです。

さてそんな中、
鹿の首飾りに続いて毎度恒例の
こんなん商売にならないだろって
商品が入ってきています。

エジプト時計

結構でかいよ エジプト時計。
ピラミットパワーで動かず、
単三電池一本で動く現代っ子。

そこんとこヨロシク。


はみだし者


アナスイの香水瓶を

はみだし者です。

ちょっと遊びで作ってみた
こんなゴージャスなチェストと
小振りのギャリーボードが並んでいます。

ブラック&ゴールドチェスト
ブラック&ゴールドチェスト

ブラック&ゴールドギャリーボード


アナスイの香水瓶のイメージをちょっと拝借。


リドリー・スコット監督の映画「グラディエーター」で
ローマ帝国皇帝マルクス・アウレリウスの息子、
コンモドゥスが着ていた鎧とデザインが似ている
というのは末代までの秘密だ。


はみだし者

業界向けプチ情報

はみだし者です。

インテリア業界改新の為の
破壊と創造の動きが
チラチラあちこちで
出てきているようです。

さすが寅年


以上。

頑張る販売店

はみだし者です。

先日のホームリビングさんの記事で
「詳細次号」となっていた
頑張る販売店と題された記事の
原稿のチェックをしました。

う~~む。

なかなか難しいものですね、
限られた文字数で脳内のモヤモヤを
表現するのは。

しかもブログと違って
表現とか偏っちゃまずいじゃないですか。

しかしHLのライターさんが
上手くまとめてくれていたので
微妙な表現のニュアンスを
俺らしく意味不明に変換しておきました。

引っかからなければ良いんですが。
宜しくお願いしますよ、HL祇。

さ、来月はトンズラ月間です、
とりあえずANAのチケット買いましたから。


はみだし者

値崩れ

はみだし者です。

この3連休は大変心豊かな
時間を過ごさせて頂きました。
ご来店頂いた全てのお客様に感謝いたします。


さて、毒舌タイム
憶測で語るあるメーカーの話。

アイテム数が多く、比較的安価。
見境無く販路をかなり広げられまして、
大型SC内に入る雑貨系のインテリアショップでも
安売りのネットショップでも
ヤフオクでさえも商品を見る機会が多いです。

SC内の雑貨系インテリアショップでは
定価販売が主流で、
ネットショップではその半額近くで売られており、
なんだか何が正しい価格かわからないくらい
販売価格が崩壊してしまっています。

正直に申しまして商品クオリティーが低いので、
定価販売して大丈夫か?
商品見ずのネット販売して大丈夫か?
と言うレベル。

ただ、パッと見の見た目は良いんですよね。
何だろ、素人受けするっていうか。

こうなってしまうと、
商品クオリティ云々はさておいても
店で扱う気が全く無くなってしまう。

クオリティーがウチで扱うレベルを
遥かに下回っているので、
ほとんど扱う事が無いですが。

メーカーさんの行く先が怖いです。
やばいのは速攻廃番にして
上手く売り逃げてください。
ウチは厳選に厳選を重ねて
お付き合いさせて頂きます。


はみだし者

黄砂のせいにする。

はみだし者です。

昨夜から今日にかけての
アホみたいな暴風には参りました。
とにかく黄砂で目も喉も鼻も痛いです。


というわけで、新着家具の画像が
フォルダにうんざりするほど溜まっていますが、
流石に3月は忙しく更新遅れています。
楽しみにしている方、すいません。

黄砂のせいにしておいてください。
悪いのは黄砂です。

黄砂かよ。



はみだし者

ある手紙

はみだし者です。

ある方から、
商品の共同開発について
お誘いを頂きました。

身に余る光栄ですが
本心から嬉しいお言葉です。

返信を致しました。
内容をここに記します。

本来は私信のはずですが、
今後関わる人の為に、
想いを暴露しておきます。

さぁ、これで業界の
はみだし者確定だ。
セカンドステージの始まりっすか?



はじめまして、
お心あるメールに深く感謝いたします。

詳しいお話は※メーカー名※の
※役職名※様から本日お伺い致しました。

個人的な考えですが、
一つの映画を作るのに、
3人の映画監督はいらない、
一つの曲を作るのに、
3人の作曲家はいらないと思うので、
何人かで開発を行っていくのであれば、
ひとりが作曲、ひとりが編曲とか、
監督、脚本、美術、とかそんな感じで
誰かが生んだアイディアに対して、
家具屋として屈託の無い意見を進言をし、
更なる知恵を注ぎ、より良いモノに仕上げていくという
イメージをしています。


長く続けていく為にも
メーカーさんを擁護して考えると、
ある程度数をこなさなければ
飯も食えないメーカーのしての立場上、
対1社の商品開発は若干の不安があると思います。
何社か集まって、意見を出し合って生んだ商品なら
販路もある程度は確保できて、メーカーさんの
リスク軽減になると思います。

販売店も、メーカーもどちらもですが
やりたいと思う人がリスクを負うのが当たり前で、
本当にリスクを負える人が何人いるだろうか・・・
と思う時もあります。


なぜ、市場に欲しいものが無いのか、
色々と調べ考えました。

メーカーさんも色々チャレンジしたい
気持ちはあるのに、リスクを負うことが出来ず、
結局の所は大手バイヤーの顔色を伺うような
商品開発=平均的に数だけこなせる商品、
私にとっては魅力無い商品ばかりに
なってしまっているのが現状です。

チャレンジ製品溢れる商品は、
数が売れないからというただそれだけの理由で
市場から消え去っていきます。
ウチではヒット商品だったのに、
半年で消え・・・・なんて
商品も少なくはありません。

また大手バイヤーさんも、冒険はしたいけれど
保身の為かリスク=責任を負うことを嫌い
数字狙いで今まで売れていた商品を狙う
傾向があるようで、結局の所、10年、15年前と
変わらない商品ばかりが溢れている。

少しずつ進化している世の中に対して
現状維持と言う緩やかな下降線を何年も続けていて
今の現状に陥ったようです。

数の大きい小さいが評価の対象になる
20世紀型のビジネスをベースに考えれば
至って普通の事で、決して悪い事だとは思いませんが、
私自身の考えとは相違しますし、疑問が残ります。

そう考えると、一般的にビジネス界の常識
「リスク分散」や、「リスク回避」と言う言葉は
クリエイティブな創造性を発揮する場では
逆効果であると思いました。

やりたいって想いのある人は、
私財を投げ売ってでも・・・は大げさかも知れませんが、
音楽界や映画界のエンターテイメントビジネスでは
よく聞く話です。

しかも、家具の場合は
ハイリスクでも、ハイリターンではありません。
投機やギャンブルでもないですから。

そう考えると、作りたいものを作る行為は
只のマスターベーションになってしまいますが、
でもそれは誰にも支持されなかった場合のみで、
それが市場で支持されればマスターベーションでは
ありません。

私の思うモノつくりは
「世の中素敵になる良いものを作りたい」と言う想いと、
「利他の精神」のその二つだけだと思います。


一度どんなものがお作りになりたいか、
具体的に絵をお書きになってみたらいかがでしょうか?
既に色々とやられているようでしたら、そのアイディアを
私にも拝見させていただけないでしょうか?

女性受け狙いとか、誰々をターゲットにとかを考えると、
他人の顔色を伺う今までの商品開発と
なんら変わらないので、本心からご自身が
作りたいものをお考えになられた方が
リスクを負ってでも作る価値のあるものだと思います。
失敗しても満足感があります(笑)

私自身も圧倒的に失敗作のほうが多いです。
確立1/9って感じです。
メーカーさんに迷惑かけっぱなしですが、
まだ見捨てられていないようで助かります。

今までの経験で、モノつくりに「我欲」が絡んだり、
「我欲」を持った人が関係してくると
失敗する傾向があります。

先にも申し上げましたが、
「世の中素敵になる良いものを作りたい」と言う想いと、
「利他の精神」に満ちた人と携わり生まれたものは
今でも弊社で支持されています。


私達の描くより良いモノつくりが
マスターベーションにならないように
お互い指摘しあい、協力していけたら本望です。

言葉も選ばず、
長々と想いを書き連ねた無礼を、
どうかご容赦下さい。


今後とも宜しくお願い致します。





はみだし者

ブームス大暴走の巻

はみだし者です。

本日届いた有名某業界新聞「ホームリビング」を見て
小便漏らした。

何の袖の下も、何の裏工作もしていないのに
表紙を俺の店が飾っている。

ホームリビング3月15日号



担当者の美人メガネっ娘より
「なんと!カラー表紙でご紹介させていただきます。」
との一報は頂いていましたが、
隅っこに「予告」みたいな扱いだとばかり思ってました。

これ、思いっきり表紙じゃん。

写真でか過ぎだよ、
着替えて真面目に撮れば良かった・・・・


て、いうか下にニトリの広告。
良いのか?ニトリの上に立ってしまって。


あぁ、明日からブログを真面目に書かなくては。
もうプレイステーション3で戦争ゲームやって
バババババって敵兵撃ち殺してるとか書けないや。

記事の最後は「詳細次号」ってなってるので、
本当の暴走は次号って事で。
大丈夫なのか?ホームリビング。
本当に業界から「はみだし者」になってしまうぞ。
今のうちにバンコクあたりに高飛びする用意をしておくか。

次号で語る内容は既にブログに書き込み済
2008-10-23-Thu 家具屋というショービジネス その①
2008-11-04-Tue 家具屋というショービジネス その②
2008-11-06-Thu 家具屋というショービジネス その③


以下ホームリビング関連のブログ過去ログ
2009-11-27-Fri 正直ビビッてる。
2009-10-17-Sat 業界新聞
2009-11-09-Mon ホームリビング キタ━━━(゚∀゚)━━━ !!!!!
2009-03-07-Sat imif DESIGN


冷やかしのコメント待っています。


はみだし者

 | BLOG TOP |  NEXT»»