カレンダー

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ


最新記事


最新コメント


全記事表示リンク


ブログ内検索


月別アーカイブ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湧き水

店の中に水が流れる壷がやってきました。

流水壷

マイナスイオン発生中な気分です。
店の外にはこれの巨大な奴が
ガンガンマイナスイオン発生中です。

水の流れる音は良いですね。


ザ・グレートハンティングな
ギミックを施してみました。
グレートハンティング

弱肉強食な世界を
是非、店頭でご覧ください。

スポンサーサイト

そうぞう

そうぞう


「想像」と「創造」
なんで言葉にすると同じ響きなんだろう。



私は良く若いスタッフに
「想像しなさい」と何度も言います。
余り「考えて仕事しろ」とは言いません。

「考える」は何かしらの答えを
見出さなければならないような気がして、
「想像」には答えが無いような気がして。

「考える」には苦しみも伴うような気がして、
「想像」には楽しさだけが伴うような気がして。

「考える」には(今の自分に)限界があるような気がして。
「想像」は無限のような気がして。




「想像」と「創造」
なんで言葉にすると同じ響きなんだろう。

imagenation

ディズニー散歩

本来なら休日の水曜日。
ここのところずっと忙しく、
休みを取る事無く働いています。

昨日も例外なく仕事。

でも昨日は大変大きな仕事を
得ることが出来てちょっぴり気分上々。

夕方からディズニーランドへお散歩に行きました。
到底その場には似つかわしくない
スーツ姿の男が、一人気ままに散歩。

好きなんですよ、大衆の中の孤独感が(笑)
それとディズニーランドの空気が。

ミッキーが好きとか全然そんなんじゃないんです。
あの空気感が大好きなんです。

全くディズニーに興味の無かった
高橋政知という一人の男が
「国民の幸福に寄与する為」と
人生の全てを費やしたこの地。

いまやまさに「幸せの象徴」とも言える場所。
なんか凄いエネルギーが溜まってますココ。

誰もが
「今日と言う一日を目一杯幸せに過ごそう」
と、世界中から人が集まる場所。

舞浜パワースポットと呼んでいます(笑)

散歩してるだけでいいんです。
また明日からも頑張ろうって思えます。

アドベンren

シャンデリア祭。

祭好きなブームス。

草刈祭、焼き肉祭、毛虫退治祭、方言祭
・・・etc・・・・・・・・・

年中祭をしているのですが、
普段はおおやけに公表しません。

で、公表して好評頂いている
「シャンデリア祭」

今回も「良い意味で悪趣味」な
シャンデリアが入荷しました。

その1部をご紹介します。

シャンデリア1
飴細工ではありません。
クリアブルーの綺麗なシャンデリア。


色違いでちょっと大きめ
シャンデリア2
紫っすよ。
使い方間違うとかなりヤバイですが、
上品に使ったら抜群にかっこいいので
センスの良い方限定です。



極めつけはコレ。



シャンデリア3


個人的に大好きです。
こういうのがカッコよく似合う部屋は
かっこいいです。70年代っぽいです。

因みに1番売れてるのも
このカラフルシャンデリアです。

是非店頭でご覧ください。

デビルソファー

行った先の工場での仕事のひとつに
試作品の確認と言う仕事があります。

図面とイラストを送って製作して貰うのですが、
数値だけで表現できる事って少なく、
書いて表現できる以外の頭の中のもやもやっとした
イメージが作られたモノに現れているかの確認作業です。

本当にイメージを伝えるのが難しい。

ただ、言葉が完璧に通じない分、
イラストなどを多用してうまく伝わる場合もあります。

数値や図面で表せない部分を「言葉」で補おうとして、
イメージとかけ離れたモノが出来てしまう場合があります。





「デビルソファー」


デビル1P


今回同行した同業の友人が
(友人は失礼な言い方かもしれない、恩師であり大先輩)
画像と簡単な図面を送ったまでは良かったのですが、
イメージを伝えようとして書き添えた
たった1行の魔の言葉


「悪魔が座るような椅子」


確かに。
これは悪魔が座るようだ。
デビル2P2
まさに「デビルソファー」
ただ、当初の商品イメージとは遠くかけ離れている。

お芝居か遊園地のソファーみたいで、
これが家具屋にあったら大笑いしそう(失礼)
ホント最初見たときは二人して腹を抱えて
大笑いしてしまったのだが・・・・


見れば見るほど引き込まれしまうんです。
個人的にカッコ良さも笑いもドツボ。
デビル2P1
腰部のRや肘の成型など
ホント良く出来ています。


だんだん欲しくなって、
もう椅子から離れたくなくなってきました。
デビル社長

欲しくて欲しくて・・・・
この世にたった一つのデビルソファー


欲しくて欲しくて欲しくて欲しくて

欲しくて欲しくて欲しくて欲しくて欲しくて欲しくて欲しくて欲しくて欲しくて欲しくて欲しくて欲しくて欲しくて欲しくて欲しくて欲しくて欲しくて欲しくて欲しくて欲しくて欲しくて欲しくて欲しくて欲しくて


はっ!


まさに悪魔の椅子だ・・・・






クルーズ・ジャパン様と・・・

先日のご紹介させて頂いた
「クルーズ工場探訪記」真の目的は・・・
なんとコラボレートソファーの開発だったのです。

それがこれです!ジャジャ~~~ン!!!
piana_p1

斜めから見てもCOOL!
都心のライフスタイルを意識した
コンパクトモデル。
piana_p2
このコンパクトに見えないデザインに苦労しました。
クッションの製作に関わるアイディアなど
アイディアと製作技術の高さの融合です。

piana_p3
ここの成型には大変苦労なさっていました。
この機能こそがこのソファーの命です。
デザインを損なう事無く、クオリティーも保ちながら
良く仕上げていただきました。

piana_p4
ポイントで使われているパンチングレザー、
デザイン性と機能性を兼ね備えたアイディアです。


・・・・・・と、

こんなモザイク画像では
何だかわかりませんね・・・・・・・

実は弊社、BOOMSという小売の事業の他に
家具の企画設計開発という事業も行っています。
大人の事情でまだ画像が出せません。

近々完全公開出来ると思いますので
お楽しみにしていてください。

若者、よそ者、バカ者。

中国滞在時は多くの工場を回ります。
とにかく広いので1日の大半を移動に費やされます。

今回ご紹介するのは中国で日本の「クルーズ・ジャパン(株)」が運営する
大変優れた工場をご紹介します。
クルーズ1
滞在先のホテルまで写真に写っている
黒塗りのトヨタクラウンで迎えに来てくれたのは
嬉しかったなぁ。

狭い業界ひょんなことで社長の秋田氏と親しくさせて頂いて
そのご縁で今回中国の工場へ足を運ぶこととなりました。

クルーズの秋田社長、
工場に駐在している板谷会長、
ブームスの俺社長・・・・全員同い年なんです!
しかも全員他業種から家具業界への
転身なのも面白い。

とにかく起業への志もでかいがスケールもでかい!
話が面白すぎて何時間も話しにのめりこんでしまった。
経営に携わることなので余り詳しいことは
書けないので(笑)今回は工場のお話とします。

よい木の有る山探しから始まった話も面白かった!
環境を考え植林された人工木材君達は
管理もよく色白でとても綺麗です
クルーズ2

木工作業場とは思えないほどクリーンで
1作業を終えるごとに清掃してるのでは
無いかと勝手に想像しています。
ここまでの家具工場は日本にさえも無いかも・・・・
クルーズ3
板谷会長、
立ち姿の美しさに
良き人柄が出ています。



板谷会長は「まだ満足はしていないんだ」と言いつつも
隙間の無い綺麗な合板、角の留め、組、
いやいや素晴らしい物ですよ・・・・
クルーズ4
中国では雑木や廃材をフレームに使う工場が多い中、
フレームが立ち並ぶ姿が真っ白で美しいと感じるほど。
工場内も明るくて広々としてって・・・・
・・・・・・俺褒めてばかりだな。


なんと、2階の縫製作業場は土足禁止です!
こんな工場は今までに中国であっただろうか・・・

少しばかりですが中国を知る者の一人として、
これまでに至るには多大な苦労があったことは
簡単に図り知ることが出来ます。

クルーズ5
至るところ整理整頓。
そしてクリーン。
心がけは日常の毎日からですね。


キチンと台の上で1台1台丁寧に張り込んでいきます。
この作業台、俺勝手に「床」(ツァン)と命名しました。
クルーズ7

とにかく床が綺麗なのでパチリ。
クルーズ8
板谷会長は品質管理の為に
1日何度も何度も工場内をまわり
スタッフとコミュニケーションを取るそうです。

丁度ランチタイムだったので美人な縫製レディーとは
お会い出来ませんでしたが、
JUKIという日本製のミシンには出会いました。
やっぱ機械はドイツ製か日本製が1番!とのこと。
クルーズ9

他にも沢山沢山ご紹介したい事があるのですが、
きっと家具マニアにしか楽しめないと思いますので
この辺にしておきます。

感じたのは
「全ての事に対して感謝と敬意と尊敬の念」
成すべき事、果たすべき役割がしっかりと
見据えておられるので行動がぶれないのでしょうね。
尊敬に値します。

他業種からの転身した視点で
この業界をより良くしていこうと
日々精進なさられています。

勝手に同じベクトルを持たれてるとも感じました。
私が共に歩めたらと強く思ったその結果は
また後日・・・・・・・・・

つづく。


静かな銀座の街

中国から帰国した翌日、
急に銀座のど真ん中で
仕事をしてきました。

ものすごい落差。

前の日はこの景色の中
中国あばら屋

翌日はこの景色の中
↓↓↓↓↓↓
銀座

中国の田舎都市の視覚的にも
音的にも賑やかさ(うるささ)になれたせいか
銀座の街が異様に静かに感じました。

中国はとにかく音に溢れています。
クラクションの音で頭がおかしくなりそうでしたが
今はすっかり慣れてしまいました(笑)

年末から暫くの間、
銀座で仕事をする事になりそうです。
お披露目出来るように頑張ります。
プランタン

我回日本来了

只今。

長い旅より帰還いたしました。
日本が鎖国政策に突入していなくて良かったです。

珍しく機内にデジカメ持ち込んだので
撮影してみました。この空には毎回癒されます。
上空昼

今回訪れた中国では本当に色々な事がありすぎて
書いたらスゲー長くなるので追々記載していきたいと思います。

一番嬉しかった事を書きます。
今回は何の気なしに予定より1日伸ばしました。
普段は絶対に持っていかないネクタイを
何を思ったかスーツケースに突っ込みました。

その伸ばした日程のお陰か、ネクタイのせいか・・・
滞在中に突然!滞在最終日に中国で大変大変
お世話になっている張さんの結婚式に呼ばれました。

延ばした日程も、突っ込んだネクタイも
この為だったんだなぁ~って納得。
心の赴くままの行動って大切ですね。

中式結婚式

旦那さんの写真は何度と無く見させて頂きましたが、
実物はホントたくましくてカッコいい!!
旦那さんの職業はなんと「公安」
日本で言う「警察官」です。心強い!

中国では結婚式を何度か行うようで、
盛大な結婚式は生まれ故郷の地元で、
それ以外にそれぞれの友人や仕事関係の人、
遠くの親戚などを集めて何度か披露宴を行うようです。

お誘いは心の底から嬉しかった。

これからも「我是日本人」として
恥じない考えを持ち、行動しようと
力いっぱい思う瞬間だった。

おめでとう、ありがとう。

上空夕

I Can Fly!

何度と今や乗りなれた飛行機ですが、
何度乗っても旅立ちの瞬間はワクワクするものです。

明日から1週間の海外出張です。
私が乗るのは決まってANA。
出発時、到着時に機内でかかる
この曲が大好きです。
葉加瀬太郎の「Another Sky」

出発時にはこれからの旅の期待を、
帰国時には訪れた先の思い出や人の温かさを
思い出させてくれます。

CDまで買って車内で聞いています(笑)
なんかこう、ぐっと来るもんがあるんです。

訪れる国、誰も「来て下さい」と言って訪れる
私はVIPでは無いです。
「お仕事をお願いしに、お伺いさせて頂いている」
と言う気持ちを微塵も忘れたことはありません。

国が違い、言葉も違うけど必ず通じるものがあります。
「笑顔」と「義理」と「感謝」と「想い」です。

恐れや疑いは災いを呼びます。
疑うのならその国に脚を運び込まなければ良いだけの事。
信じるならとことん信じて、信じ続ければ
相手が騙した事さえ真実に変わる。

もし騙されたとしても
それでいーじゃないですか。
騙されたと悔やむより、信じきった事を
誇りに思う!と私は考えます。

幸い、私は旅先で何一つ嫌な思いをしたことは無いです。
ただ運が良いだけか、
底抜けのハイパー・ポジティブ・シンキングなのか。

飛行機の窓から見た景色には
地図で見た国境なんてどこにも見えなかった。

森は個々の木の集まり。
森として見るか、木として見るか。

まっさらな眼(まなこ)で見聞を広めて参ります。
良い旅になりますように。


----------はみだし者

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。