カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ


最新記事


最新コメント


全記事表示リンク


ブログ内検索


月別アーカイブ


想像力と創造力

山崎です。

ニトリさんが家具の売上比率が40%切ったどころか、全体の売り上げは上がってるのに、家具の売り上げの金額さえも減少してるって話を聞いたら・・・・家具:ホームファッション(雑貨)の売上比率が弊社が目指している50:50でもこの先は厳しい時代が来るのかとさえ思っています。

ホームファッションという総称の中にはあらゆるものが含まれると思ってるので、より企画力、開発力、コーディネート力・・・・いわゆる「イマジネーションパワー(想像力と創造力)」に長けたところしか生き残れないと思っています。

これは大変な事です!プロフェッショナルしか生き残れないという事です・・・

2016のメリークリスマス!

山崎です。

家具業界は比較的X'masの商いは撃沈してる所が多いです。
ブームスも長年X'masは売れないものと思っていました。
しかし今年のX'masは違ったのです。

少しだけ考え方を変えました。
物事がプラスにプラスになるような思考で
セールの企画を根底から考えました。

誰にも損をしたと思わせない。
みんなが得した気分になるように
セールをした自分たちも豊かな気持ちになるように
考え方ひとつ、そしてその実行の仕方1つで
こんなにも気が違ってくるんだなと実感。

今年は発想力のクリスマスプレゼントを
頂いた気分になりました。

良くない時にプラスの思考力で考えたからこその
産物だと思います。良くない時を否定せず
受け入れて自分の糧にしちゃいましょう。

良いクリスマスを!

15590125_1143017762481357_7750628539744560016_n.jpg

15442387_1260279737413413_5393755655433915375_n.jpg
secretGATE店にはちょっと目に新鮮なクリスマス雑貨があります。

15540674_1260279597413427_1575971989824386525_o.jpg

15418375_1260279660746754_6751055039509886659_o.jpg

15391224_1255379131236807_6144395516256653107_n.jpg
ブース柏店のちょっと凝ったクリスマスツリー☆

15665882_1141989909250809_187166306621175587_n (1)
読書が趣味の一つの自分としては、この本と動物シリーズは好きな雑貨の一つです。
本好きな方へのプレゼントにも最適じゃないでしょうか。

15590157_1141989979250802_206455723170797900_n.jpg
カエル雑貨っていつの時代も人気ありますね。



一番好きなクリスマスソングです。



Have yourself a merry little Christmas,
let your heart be light.
From now on, our troubles will be out of sight.
Have yourself a merry little Christmas,
make the Yule-tide gay.
From now on, our troubles will be miles away.
ささやかなクリスマスを祝おう 
あなたの心に光を灯して
これからはもう 私たちの苦しみは見えなくなる
ささやかなクリスマスを祝おう 歓びをかきたてて
これからはもう私たちの苦しみは
遥かかなたへ去っていく

Here we are as in olden days,
happy golden days of yore.
Faithful friends who are dear to us,
gather near to us once more.
懐かしい日々
黄金色に輝く幸福な日々に今戻って
かけがえのない友達が
もう一度私たちの近くに集まり合う

Through the years we all will be together,
if the fates allow.
Hang a shining star upon the highest bough.
And have yourself a merry little Christmas now.
いつまでもずっと一緒にいよう もしも運命が許すなら
一番高い枝の上に 輝く星を飾って
さあ このささやかなクリスマスを祝おう








上海ディスニーランドと30年前の日本

山崎です。

先日、隣国の中国上海に「上海ディズニーランド」が
めでたくオープンをいたしました。

祝うべきである隣国のこの出来事に
連日行われている日本の報道の内容といえば、
「割り込み」「喫煙」「小便」「食事」「パクリ」などなど一部の中国人のマナーの事ばかり取り沙汰されて
国際人としての日本人の品位を落とす内容の報道ばかりでとても残念に思います。

なぜ、隣国の祝うべき出来事を、
素直に祝えないのでしょうか?
これが他国であったらこんな偏った
報道をしたでしょうか?
それほど日本はマナーに優れた国でしょうか?

たった30数年前、
東京ディズニーランドには灰皿がありませんでした。
今の時代よりずっとずっと喫煙率は高い時代の話です。
夢の国には灰皿が似合わないという理由で
灰皿がありませんでした。
今のように喫煙エリアもありませんでした。

では園内で喫煙者はどうしたのでしょうか?
どこで喫煙しても良かったのです。
吸殻はどうしたのでしょうか?
そのまま道に捨ててください、すぐに
カストーディアル(掃除の人)が掃除いたします。
これがルールだったのです。

たった30年前の東京ディスニーランドですよ?

日本のサービス産業は33年前に東京ディズニーランドが
出来て劇的に変わりました。(進化じゃなく変化です)
日本はディズニーランドから産業としてのおもてなしを学び、古来日本人が持っている「おもてなしの精神」と相まって
今の日本のサービス産業のスタイルが出来たといっても全く過言ではありません。

それほど日本にとって33年前の東京ディズニーランドの
オープンは大変革(文化・文明として一歩前進)をもたらしました。

何度でも言います、たった30年前の出来事です。

そんなほんのわずかに学びが先を行ってるだけで、
隣国のマナーの悪さをあざ笑い卑下するような報道は、
まるでジャングルで暮らす人が裸で暮らしてるのを
あざ笑い卑下してるのと同じだとしか思えません。

なぜなら文化がほんの少しだけ違うだけなのですから。
文化がほんの少しでも違えば価値観が違うのも当然です。

それに、中国の人たちが全てマナーが
悪いわけではありません。
悪い人もいますが、マナーを知らない人もいます。
皆でマナーを守ることの心地よさを
知らない人もいます。

日本がディズニーから多くを学んだように、
中国もこれから多くをディズニーから学び、
より国際的なマナーや、そのマナー守ることの
心地よさなどをディズニーから体験し、
自然と学んでいくのでしょう。

この素晴らしい出来事に、
隣国として心からお祝いを申し上げたいです。

私たちはその昔今の中国「唐」や「隋」から
文化文明の多くを学んだ事を決して
忘れてはいけません。

人々の英知と努力、
そして外国との数々の出会いを通して
日本は大きく育ってきました。
そして未来、これからは世界中の人々と
お互いの文化を理解し、分かち合い、
平和で心豊かな世界を築きあげる時が
来てるのです。

他人の価値の中で育まれた偏った視点と思想は捨てて、
日本人として正しく隣国の発展をお祝いしましょう。
世界はより良い場所へと変わっていくのですから!




山崎

地元に愛される定義

地元密着を望んでるお店がよく軽々しく「地元に愛されるお店つくり」とか口にするけど、「地元に愛されるとは何か?」の定義を持たずして宣言してるのがほとんど。

「地元に愛される」の自分的な定義は、地元の人が地元以外の人に自慢できる店と思っています。
決して地元の人がただお金を頻繁に使う場所ではないなと。

地元の旨い店なんかしょっちゅうは食いに行かないけど、遠くの友人が来た場合「旨い店あんだよ!連れてくよ、食ってけよ」と自慢げに案内する店が俺の場合それが愛してる店。

自分のお店もそうありたい、そう愛されたいと願い店つくりに努めています。

起業支援の雑誌に掲載されました。

山崎です。

ありがたいことに自身の思想を
取手市が発行する起業者支援の雑誌に
ご掲載いただきました。

少しでもお役に立てれば光栄です。

マッチインタビュー

2016年の考察と目指すところ。

あけましておめでとうございます。
2016年もどうぞ宜しくお願いいたします。

行くのか行かないのか?変わるのか変わらないの?
白黒はっきりしない、モヤモヤっとしたグレーの2015年
何事にも節目がありませんでしたね2015年。

昔懐かしい言葉で言うなら「ファジーな2015」
余計にもやもや感が増してきました。
歴史的な気候変動にも慣れてきた感もあります。

ハロウィンも当日だけ盛り上がった感満載、
今年をピークに来年からは盛り下がっていくでしょう。
急激に盛り上がりすぎました。
まさかハロウィンがナタデココと同じ運命をたどるとは・・・・

クリスマスも全国的にムードが無くなり、
数年前は11月から街はクリスマスムード一色でしたが、
そんな長丁場や、商業主導の宗教儀式がいつまでも続くわけ無く
今年のクリスマスは例年の盛り上がりは全く見られませんでした。
ホテルやレストランも空いていたような・・・・
クリスマス本来の姿に戻りつつあるのでしょう。

なので飛び抜けた感のない昨年。
だから昨年の漢字一文字が「安」という
なだらかな感じの漢字が選ばれたのでしょうか。

さて2016年。

色々減ります。
減るというと良いイメージが無いと思います。
そうです、今までの価値観の中では
「小」より「大」が、「少ない」より「多い」が
「狭い」より「広い」が価値あるものと思い込んできましたから。

数の理論で言えばそうです。
しかしこのブログで7年も言い続けてきた
21世紀には数の理論が薄らいでいくという事実。

減るということは価値が上がります。
お金が多い時は、くだらないものにポンポコお金を使っちゃいます。
適正価格を越えたくだらないクソ高いものもポンポコ売れますし、
安くて買うだけ損みたいな使い捨て商品もポンポコ売れます。

なので、激安がはびこったデフレ時代は、
まだまだお金が沢山世にあった時代だったのです。

お金が減ると価値が上がる。たとえば、
一万円が今までの一万円以上の価値を持ち始める・・・というか、
人々が一万円以上の価値を求めるようになる・・・というか、
一万円をとても大切に使います。

人も同様、人が減れば一人一人の価値が上がります。
なので、今までどおりの雇用で維持していくのが困難になります。

2016年は色々減っていくのが目に見えてわかり、
そして減っていったものの価値が上がっていくのが
身に染みてわかるようになります。

更にふるいがかけられ、残るもの去るもの
モヤモヤ感はまだ続きますが、モヤモヤっとした中で
あれ?と知らないうちに消えるものはいつの間にか
消えていってしまします。

残されたものは、価値を上げる努力をしましょう。
残されたからといって、勝手に価値が上がるわけじゃありません。

2016年のテーマは「品」です。
「気品」の「品」、「品格」の「品」です。

面白い、楽しい、賑やかよりも「品」
面白おかしいとか、ただ人と違うとか、
見たことないとか、新しいとか、
そんなことよりも「品」の時代になる気がします。

ただの高級品ではないです。
個々それぞれが持ちあわせた「品」と
呼べる部分を引き出せるようなやり方。
そういったことが出来る人が輝ける年、
そんな年になりそうです。

それぞれの「品」を引き出すことで、
価値が上がっていくイメージです。


それと「選択」、もっと時代にあった言い方だと
「削ぐ」・・不要な部分を削ぎ落とし、己の芯の部分を
削ぎ出し、よりエッジを立てて時代を貫く。

多種多様な時代から、よりシンプルな時代に。
目的や機能がはっきりしたモノ、ヒト。
目的や機能、能力、特性、性格を際立たせ、
それに特化したモノ、ミセ、ヒトになる。

あえて少なくして、品を意識して価値を上げ、
目的、機能、性格、性質を際立たせる。
これが消えてなくならない秘策かも。

森や林の中から数本の木を選び、
他の木は倒される選別作業は中~終盤になりました。
次は自浄作業の段階。
根を残し、バッサリと上の大木を切り再生を狙う大技。
幹や枝を選定し、残す1本の枝・幹意外は思い切って切り落とす中技。
自分や会社に当てはめると、中々イメージが湧いてきます。

数が減って一つ一つがよく見えるようになるだけに、
その一つ一つのわかりやすさがとても重要なのです。

2016年も頑張っていきましょう!!


山崎

上から差し伸べられる手。

山崎です。

人生の中で数えるほどしか無いだろう
上から手が差し伸べられること。

下から押し上げられることは意外に多いでしょう。
上から手を差し伸べられるって、そうないチャンスです。

そういう時はカッコつけず、あーだこーだ言わず
迷わず「はいっ!!」って手を掴んで引き上げて
もらっちゃいましょう。

人生でそう何度もありませんから、
くだらない遠慮しないで逃さないように。

山崎

海外での仕事

山崎です。

事業を立ち上げたばかりの10年前には
仕事で海外に行くなんて夢にも思っていなかった。

少し昔「カタヌマ」という問屋さんがあって
その展示会に行くと海外からの商品が沢山あって
そんな商品を買い付けたりしてる同業の先輩方が
とてつもなくカッコよく遠くに見えた。
自分とは違う世界の仕事だと思っていた。

ある日「田丸」という問屋さんから
何故か身分不相応な「海外買い付け研修ツアー」の
話がやってきた。

「今、海外に行って何が出来るか?」とは考えず
「海外に行けば何が出来るか見つけることが出来る」
そう思い込んで参加させてもらった。

誘われたら迷わず飛び込んでみる。
何が出来るか、何が身になるかなんて
損得の机上の計算ばかりしていたら、
決して次へは行けないなとも実感しました。

猪木さんのお言葉を借りて。
「この道を行けばどうなるものか。あやぶむなかれ。歩まずば道は無し。踏み出せばそのひと足が道となり、そのひと足が道となる。迷わずいけよ、いけばわかるさ。」

ありがとうございます。

仕事の出来る人って?

山崎です。

以前、新入社員にこんなことを聞かれた。
「トオルさんの思う仕事の出来る人ってどんな人ですか?」

考える間も程なくこう答えました。
「気がつく人かな」

矢継ぎ早に質問が
「どうしたら気がつく人になれますか?」

考える間も程なくこう答えました。
「常に好奇心を持ち、周囲をよく見ることかな」

22日に無事にカフェがオープンいたしました。

山崎です。

遅ればせながら4月22日に、2号店内に
無事にカフェがオープンいたしました。

01_s.jpg

03_s.jpg

すでに多くの方にご利用いただき
日々学ばせていただくことばかりで、
商売の原点に立ち返った想いでございます。
ありがとうございます。


P4204562_s.jpg

カフェご利用のお客様には
自由に呼んでいただける好奇心だけで集めた本を
用意いたしました。

P4204634_s.jpg

後ろから光が差し込む席は、
薄暗い店内の中でも比較的
読書に適してると思います。

013_s.jpg

よーく見ると見つけることが出来たり、
よーく見るとこれはなんだろうという疑問が
生まれたりする遊びも散りばめてあります。

010_s.jpg

IMG_3411_s.jpg


ぜひ一度遊びに来て下さい。


011_s.jpg

皆様をお待ちいたしております。

09_s.jpg


詳しい情報はこちらから

シークレットゲートカフェhttp://secretgate.jp/?cat=35


山崎

 | BLOG TOP |  NEXT»»