カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ


最新記事


最新コメント


全記事表示リンク


ブログ内検索


月別アーカイブ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陰陽の陰が「secretGATE」の役割

山崎です。

※今回は画像クリックで大きく綺麗な画像が見れますのよ。

柏・取手・つくばの「BOOMS」店とは全く表情の違う
ブームスのインテリアショップが「secretGATE」店です。(茨城県取手市藤代642-2)

A1.jpg

ブームスが日常を作るアイテムに満ちているなら
シークレットゲートは非日常を作るアイテムに満ちています。

E-1.jpg

11月からはさらに磨きをかけてブームス店との差を大きく
より好き嫌いがはっきりした店に尖らせようと店舗スタッフが
何か企んでいるようです。

B1.jpg

C1.jpg

新キャッチコピー
「穏やかな日常を求める貴方にとって、
この店を訪れる事は無駄足かもしれません」

G1.jpg

そんな尖った店になりますように。

D1.jpg

H1.jpg
スポンサーサイト

ブームスの商品は歌謡曲。

山崎です。

ブームスの商品は例えるなら
歌謡曲が良いと思っています。

JAZZ、クラシック、ロック、ボサノバ
ラテン、R&B、ラップ、テクノ・・・・
音楽のジャンルのようにインテリアにも
様々なジャンルがあります。

でも歌謡曲ならジャズ風、クラシック風
ロック調、ボサノバ風、テクノ風など
音楽に知識のない人でも、より沢山の人が
様々なジャンルの音楽を楽しめ、
知るきっかけになります。

流行の移り変わりはどのジャンルより早く、
クラシックやジャズのように長く愛され続ける事は
最も難しいジャンルかも知れません。

より多くの人が楽しめるカジュアルダウンされた
歌謡曲のようなインテリアを提供していきたいです。
その「××風なインテリア」からはじまって
インテリアにより興味を深めて貰えたら本望。

ブームスはこれからも多くの人に
インテリアを楽しんでもらえる「歌謡曲なショップ」を
目指していきます。

※類似記事 コンクリート製の偽城が与える幸せ②

9月30日、ブームスつくばOPENしました。

山崎です。

本日9月30日(金)に、イオンモールつくば1階に
「ブームスつくば」をオープンさせて頂きました。
多くのお客様のご支援があっての今回のオープンです。
これからももっともっとたくさんのご支持や、
たくさの応援を頂けますよう全力で努めますので
今後とも宜しくお願いいたします。

本日何よりうれしかったことは、
今までにブームスで買ってくれたお客様が
新店の出店を大変喜んでくれていたことです。

お客様への恩返しは、永く商いを
営み続けることと考えています。

頑張ります、必ず恩返しをします。
今後ともお客様を最優先に考えていきます。
どうぞこれからもご支援いただけますよう
深くお願い申し上げます。

ありがとうございます。

010bfa81a307cf1aaaa2fafe826bb0c162f32ff043.jpg



仕事とは、どれだけ自分以外の他者の事を真剣に考えるかだ。

山崎です。

15年以上前のずいぶん古い話です。
シートベルト着用義務違反で警察に捕まりました。
最初は普通に「運が悪い」と思いました。
でも真剣に「なぜ今捕まったのか」を考えました。

人一倍ポジティブな思考の俺の考えはこうです。

「このお巡りさんは真剣に俺の命の事を考えてくれている、それだけじゃなく俺の家族、嫁、子供、親。そして俺の職場の事、俺を取りまく周囲の事を真剣に考えてくれている。だから俺の命の事を真剣に考えてくれているんだ。なんて尊い仕事なんだろう」と。

そう思ったら言わずにはいられませんでした!
「お巡りさん、俺の命の事を真剣に考えてくれてありがとうございます!」
突然の礼にお巡りさんもびっくりしていましたが、そのお巡りさんは、なかなか理解を得られないがそういう気持ちで常に職務に臨んでいると語ってくれました。
それ以来シートベルト着用義務の事(だけw)は絶対に忘れていません。

仕事とは社会貢献です。
仕事とは、どれだけ自分以外の他者の事を
真剣に考えるかなんだなと強く教えられました。

自分の仕事でもそうありたいと
いまなお日々精進中です。


山崎

正直者が馬鹿を見ない不況

山崎です。

「日本はデフレに逆戻り」なんて言ってます。
いいえ、今の日本にあった適正価格に戻ってるだけだと思います。

一度980円で買えるようになったLED電球が
何の変りもなく3980円で買う人はいません。

自分たちが35年住めれば十分と考える
家を子にも孫にも譲らない思想の
20~30代の若い世代が4~5000万払ってまで
100年住宅は作りませんよね。

今の価格が今の時代に合った価格だと思います。
デフレが終わったら高級品が売れるなんて妄想、
この皆が買いやすい価格、現代の思想にあった価格が
日本の適正価格だと思います。

デフレのような不況の時代は、
みんな買い物が慎重になります。
慎重になるとどの店のどういう物を
買おうかとより吟味します。

不況の時こそ
真面目に商いをしてきたところ、
真面目に信用を築いてきたところ、
真面目に技を磨いてきたプロのところ
そういったお店をお客様が探し、より慎重に選び、
購入するとおもいます。

不況は、真面目なものや正直者が
馬鹿を見ない時期です。

ですので・・・・家具業界へもの申す、
自ら信用を失う2重価格表示などはやめて、
「自店の適正価格」のワンプライスを追求しましょう。

不況は努力する者、正直者が馬鹿を見ない時期です。
なので経済活動のクリーンナップ大作戦期間と思って
温かく受け入れて、更なる努力で頑張りましょう。

山崎

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。